注目キーワード
大根
鍋物
鶏もも肉
白菜
長ねぎ
里いも
納豆
クリスマス
基本
れんこん

長ねぎと春菊の炒めて簡単ごまくるみ和えレシピ

93Kcal(1人分換算)

長ねぎと春菊の炒めて簡単ごまくるみ和え

  • 携帯に送る
  • 印刷する
管理栄養士コメント
春菊やにんじんに豊富なビタミンA、C、Eがウイルスの活動を抑制し、免疫効果を高め、長ねぎの血行促進作用や殺菌効果と合わせることでより効率的に風邪対策に役立ちます。また、くるみに多いビタミンB1は、長ねぎに豊富な「アリシン」、ごまに豊富なミネラルにより吸収率が10倍以上にも増え、疲労回復、糖質の代謝アップの効果も期待できます。ゆで野菜の和え物より簡単に炒めて作ることで、栄養素も逃さず摂取できます。

93Kcal

1人分換算
脂質 6.2g
糖質 5.3g
塩分(食塩相当量) 0.8g
コレステロール 1mg
ビタミンD 0μg
ビタミンB2 0.1mg

全ての栄養素を見る

燃焼レベル

スキューバダイビング 14分

スキューバダイビング

レシピの栄養価グラフ
  • たんぱく質
  • 食物繊維
  • カルシウム
  • 鉄
  • ビタミンA
  • ビタミンB1
  • ビタミンC

※数値については成人女性30~49歳の参考値にて算出
※1日3食、1食3~4品で均等割+αで算出

材料

4人分

作り方

  1. 1

    春菊を3cmの長さに切り、にんじんは3cmの千切りにします。

  2. 2

    長ねぎは長さ3cmの薄い斜め切りにします。くるみは粗く刻んでおきます。

  3. 3

    フライパンにごま油を加えて熱し、にんじん、長ねぎ、春菊の茎、春菊の葉の順に加えながら炒め、春菊の葉がまだ半分程度生の状態で素早くごま、くるみ、砂糖を加えて炒り混ぜます。

  4. 4

    全体がしんなりしたら、鍋肌に薄口しょうゆを回し入れ、全体を混ぜます。

ワンポイントアドバイス

野菜の食感が残るようにすばやく炒めるのがポイントです。食材ごとに火が通りにくいものから炒めますが、加えてひと混ぜしたら、すぐに次の食材を加えていってください。特に最後の調味料を加える時は、まだ春菊の葉が生の状態で加えると最適な出来上がりになります。湯がき野菜のごま和えより、ゆで汁に栄養素が溶け出すこともなく、短時間加熱のため栄養素の破壊も最小限に抑えることができ、効率よく栄養素が摂取できる献立です。

ページの先頭へ戻る

このサイトの写真、イラスト、文章を著作者に無断で転載、使用することは法律で禁じられています。
会社法人、営利目的等でご利用を希望される場合は、必ずこちらからお問い合わせください。

料理レシピや写真・画像のご利用について