注目キーワード
なす
ピーマン
こんにゃく
豚肉
しょうが
豆腐
鶏ひき肉
ひんやり麺
めんつゆ

マンゴーのタルトレットレシピ

297Kcal(1個分換算)

マンゴーのタルトレット

  • 携帯に送る
  • 印刷する
管理栄養士コメント
マンゴーのβ-カロテンがメラニン色素の沈着を防ぎ、パイナップルのビタミンCがシミ、シワを予防します。ビタミンE、β-カロテン、ビタミンCなどの栄養素をしっかりとり、紫外線に負けない肌作りをしましょう。

297Kcal

1個分換算
脂質 19g
糖質 26.4g
塩分(食塩相当量) 0g
コレステロール 66mg
ビタミンD 0.2μg
ビタミンB2 0.16mg

全ての栄養素を見る

燃焼レベル

腹筋 41分

腹筋

レシピの栄養価グラフ
  • たんぱく質
  • 食物繊維
  • カルシウム
  • 鉄
  • ビタミンA
  • ビタミンB1
  • ビタミンC

※数値については成人女性30~49歳の参考値にて算出
※1日3食、1食3~4品で均等割+αで算出

材料

6cmアルミケース6個分

  • バター(無塩)50g
  • 砂糖50g
  • 40g
  • アーモンドプードル50g
  • 薄力粉50g
  • (A)
  • ・マスカルポーネチーズ75g
  • ・黒砂糖15g
  • ・生クリーム45g
  • マンゴー1/2個
  • パイナップル(缶詰)2枚
  • ナパージュ適量
  • ピンクペッパー適量
  • ミント適量

作り方

  1. 1

    タルト生地を作ります。ボウルにバターを入れてクリーム状にします(バターは室温に出し、やわらかい状態にしておきましょう)。砂糖を2~3回に分けて加え、白っぽくなるまでよく混ぜます。

  2. 2

    卵を2~3回に分けて加えながらよく混ぜます。アーモンドプードルをふるい入れ、サックリと混ぜます。60gを計って別のボウルに取っておきます。

  3. 3

    残りの(2)に薄力粉をふるい入れてサックリと混ぜ、1cmの丸型口金を付けた絞り出し袋に入れます。

  4. 4

    型の底に渦巻き状に絞り、さらに側面にそって絞ります(中心から渦巻き状に絞ります。2種類の生地を入れるので、なるべく薄く絞り出します)。中心に、(2)で取っておいた60g分を分け入れ、温めたガス高速オーブンで焼きます(180℃ 約18分)。

  5. 5

    クリームを作ります。(A)をボウルに入れ、氷水に当てて絞れるかたさになるまで泡立て、星型口金を付けた絞り出し袋に入れます。※生クリームはとってもデリケートです。温度が上がったり、混ぜすぎると分離してしまいます。必ず氷水に当てて冷やしながら作業しましょう。

  6. 6

    マンゴーとパイナップルは1cm角に切ります。

  7. 7

    (4)を冷まし、(5)のクリームを山高に絞り、(6)を飾ります(なるべく高さを出すように絞り出します)。

  8. 8

    鍋にナパージュと同量程度の水を加えて火にかけます。熱いうちにハケでフルーツに塗り、ピンクペッパーとミントで飾ります。

ワンポイントアドバイス

マンゴーを季節のフルーツやお好みのフルーツに代えても楽しめます。クリームは普通の砂糖でもできますが、黒砂糖を加えるとコクが出て、よりおいしくなります。

大阪ガスクッキングスクール

ページの先頭へ戻る

このサイトの写真、イラスト、文章を著作者に無断で転載、使用することは法律で禁じられています。
会社法人、営利目的等でご利用を希望される場合は、必ずこちらからお問い合わせください。

料理レシピや写真・画像のご利用について