注目キーワード
なす
こんにゃく
弁当
から揚げ
照り焼き
ささ身
ツナ缶
かにかま
ベーコン

クリームパンレシピ

202Kcal(1/10切れ分換算)

クリームパン

  • 携帯に送る
  • 印刷する
管理栄養士コメント
クリームパンの発祥の地は日本です。あんこより乳製品を使ったクリームの方が栄養価が高いですのでお子さまのおやつにぴったりです。ただしカロリーが高いため食べ過ぎは禁物です。

202Kcal

1/10切れ分換算
脂質 7.5g
糖質 26.3g
塩分(食塩相当量) 0.4g
コレステロール 87mg
ビタミンD 0.5μg
ビタミンB2 0.12mg

全ての栄養素を見る

燃焼レベル

エアロビクス 48分

エアロビクス

レシピの栄養価グラフ
  • たんぱく質
  • 食物繊維
  • カルシウム
  • 鉄
  • ビタミンA
  • ビタミンB1
  • ビタミンC

※数値については成人女性30~49歳の参考値にて算出
※1日3食、1食3~4品で均等割+αで算出

材料

6.5×17.5×4.5cmパウンド型1台分・4個分

  • (A)
  • ・強力粉200g
  • ・砂糖20g
  • ・塩3g
  • ドライイースト4g
  • (B)
  • ・卵60g
  • ・水80g
  • バター(無塩)20g
  • (カスタードクリーム2種)
  • ・卵黄2個
  • ・砂糖50g
  • ・薄力粉20g
  • ・牛乳200ml
  • ・バター(無塩)10g
  • ・チョコレート60g
  • 溶き卵適量

作り方

  1. 1

    カスタードクリームを作ります。卵黄に砂糖を加えてよくすり混ぜ、薄力粉も加えます。温めた牛乳を少しずつ加えて溶きのばし、こして鍋に戻します。火にかけ、とろみがつくまで煮て火を止めます。2等分にし、一方にはバターを加え(カスタードクリーム)、残りの半分には細かく刻んだチョコレートを加え(チョコレートクリーム)、それぞれ冷まします。

  2. 2

    ボウルに(A)をふるい入れ、ドライイーストを加えます。

  3. 3

    (B)を加えて手早く混ぜます。ひとまとまりになれば台の上に取り出してこねます。

  4. 4

    生地の表面がなめらかになれば、バターを加えてさらにこねます。

  5. 5

    薄い膜が張るようになれば、丸めて薄くサラダ油(分量外)を塗ったボウルに入れ、乾燥しないようにして発酵させます(一次発酵 28℃前後 40~60分)。

  6. 6

    生地が2倍くらいに大きくなれば、フィンガーテストをして発酵状態を確認します。ガス抜きをして8個に分割し、丸め直してベンチタイムを取ります(ベンチタイム 約10分)。

  7. 7

    4個の生地は楕円形にのばし、カスタードクリームをのせて半分に折り、合わせ目をしっかりおさえます。カードで3ヶ所に切り込みを入れ、クッキングペーパーを敷いたオーブン皿に並べて発酵させます。発酵して2倍くらいにふくらむので、間隔をあけてオーブン皿に並べます(ホイロ 35℃前後 30~40分)。ホイロでパンは2倍くらいにふくらみます。

  8. 8

    残りの4個の生地はチョコレートクリームを包み、型に入れて発酵させます(ホイロ 35℃前後 30~40分)。

  9. 9

    溶き卵を塗り、温めたガス高速オーブンで焼きます。カスタードクリーム(180℃ 12~14分)、チョコレートクリーム(180℃ 16~18分)。

大阪ガスクッキングスクール

ページの先頭へ戻る

このサイトの写真、イラスト、文章を著作者に無断で転載、使用することは法律で禁じられています。
会社法人、営利目的等でご利用を希望される場合は、必ずこちらからお問い合わせください。

料理レシピや写真・画像のご利用について