注目キーワード
りんご
しめじ
大根
鶏もも肉
白菜
ささ身
パーティ
さつまいも
むね肉

マンゴーブレッドレシピ

173Kcal(1/10人分換算)

マンゴーブレッド

  • 携帯に送る
  • 印刷する
管理栄養士コメント
マンゴーに豊富に含まれるビタミンAは、目の疲れや目の乾きの防止に効果があると言われていますので、ドライアイやコンタクトレンズをご使用になられる方には最適のフルーツです。

173Kcal

1/10人分換算
脂質 6.5g
糖質 22.9g
塩分(食塩相当量) 0.3g
コレステロール 45mg
ビタミンD 0.2μg
ビタミンB2 0.06mg

全ての栄養素を見る

燃焼レベル

バドミントン 29分

バドミントン

レシピの栄養価グラフ
  • たんぱく質
  • 食物繊維
  • カルシウム
  • 鉄
  • ビタミンA
  • ビタミンB1
  • ビタミンC

※数値については成人女性30~49歳の参考値にて算出
※1日3食、1食3~4品で均等割+αで算出

材料

19cmリング型1台分・アルミケース2個分

  • (A)
  • ・強力粉140g
  • ・薄力粉60g
  • ・砂糖30g
  • ・塩3g
  • ドライイースト(耐糖性)5g
  • (B)
  • ・卵1個
  • ・水卵と合わせて85g
  • ・マンゴーピューレー40g
  • バター(無塩)50g
  • ドライマンゴー40g
  • (トッピング生地)
  • ・バター(無塩)15g
  • ・砂糖15g
  • ・卵15g
  • ・マンゴーピューレー10g
  • ・薄力粉15g

作り方

  1. 1

    ボウルに(A)をふるい入れ、ドライイーストを加えます。

  2. 2

    (B)を加えて手早く混ぜます。ひとまとまりになれば台の上に取り出してこねます。

  3. 3

    生地の表面がなめらかになれば、バターを加えてさらにこねます。

  4. 4

    薄い膜が張るようになれば、刻んだドライマンゴーを混ぜ込みます(生地を広げ、ドライマンゴーを2回に分けて混ぜ込むとよいでしょう)。丸めて薄くサラダ油(分量外)を塗ったボウルに入れ、乾燥しないようにして発酵させます(一次発酵 28℃前後 40~60分)。

  5. 5

    生地が2倍くらいに大きくなれば、フィンガーテストをして発酵状態を確認します。ガス抜きをして10個に分割し、丸め直して8個をリング型に、2個を各々アルミケースに入れ、発酵させます(ホイロ 35℃前後 30~40分)。

  6. 6

    (トッピング生地を作ります)ボウルにバターを入れてクリーム状に練り、砂糖を少しずつ加えて混ぜます。卵、マンゴーピューレーを少しずつ加え、ふるった薄力粉を加えて混ぜます。

  7. 7

    (5)に(6)をのせ、温めたガス高速オーブンで焼きます。リング型(180℃ 約18分)、アルミケース(180℃ 約12分)。(トッピングはスプーンでのせます。焼いている間に、全体に広がります。)

大阪ガスクッキングスクール

ページの先頭へ戻る

このサイトの写真、イラスト、文章を著作者に無断で転載、使用することは法律で禁じられています。
会社法人、営利目的等でご利用を希望される場合は、必ずこちらからお問い合わせください。

料理レシピや写真・画像のご利用について