注目キーワード
新じゃが
アスパラガス
絹さや
ひじき
豚こま
お弁当
さやいんげん
鶏ひき肉
新玉ねぎ
めんつゆ

さわらの黄金焼きレシピ

138Kcal(1人分換算)

さわらの黄金焼き

  • 携帯に送る
  • 印刷する
管理栄養士コメント
さわらはナトリウムの排出を促し、高血圧予防にも有効なカリウムが、さんまの約2.5倍以上も含まれています。DHAやEPAといった不飽和脂肪酸は血液をサラサラにする効果があるので、生活習慣病の予防が期待できる食材です。

138Kcal

1人分換算
脂質 6g
糖質 7.8g
塩分(食塩相当量) 1.3g
コレステロール 82mg
ビタミンD 3.7μg
ビタミンB2 0.21mg

全ての栄養素を見る

燃焼レベル

そうじ機がけ 60分

そうじ機がけ

レシピの栄養価グラフ
  • たんぱく質
  • 食物繊維
  • カルシウム
  • 鉄
  • ビタミンA
  • ビタミンB1
  • ビタミンC

※数値については成人女性30~49歳の参考値にて算出
※1日3食、1食3~4品で均等割+αで算出

材料

6人分

作り方

  1. 1

    さわらは塩を薄くふり、しばらくおきます。

  2. 2

    さわらの水気をふき、身を上にして両面焼きグリルで焼きます(約8~10分)。※ご家庭のグリルによって違いますので、調整してください。

  3. 3

    (A)を混ぜ合わせ、さわらの身の方に塗り、再び焼きます(上下強火 約1分)。

  4. 4

    菊花かぶを作ります。かぶは皮をむいて半分に切り、菊花切りにして、塩水につけてしんなりさせます。※切り込みを入れる時、かぶの前後に菜箸を置いて切ると下まで切らず、うまく切り込めます。かぶだけでなく、大根でもきれいに作ることができます。

  5. 5

    (4)の水気を切り、甘酢に漬け込みます。

  6. 6

    (5)を食べやすい大きさに切り、甘酢とともに漬け込んだ赤唐辛子を輪切りにしてかぶの真ん中に飾り、菊の花に見立てます。(3)とともに器に盛り付けます。

ワンポイントアドバイス

練りうにと卵黄を塗ってグリルで焼くと、黄金色に輝く照りが!淡白なさわらにコクとうま味もプラスされます。グリルにオートグリル機能があれば、(魚・切り身・標準)にすれば便利です。

大阪ガスクッキングスクール

ページの先頭へ戻る

このサイトの写真、イラスト、文章を著作者に無断で転載、使用することは法律で禁じられています。
会社法人、営利目的等でご利用を希望される場合は、必ずこちらからお問い合わせください。

料理レシピや写真・画像のご利用について