16142.jpg

プチラズベリームース

96Kcal(1/12切れ分換算)
60分以上

管理栄養士コメント

ラズベリーには脂肪燃焼効果があります。その効果は唐辛子に含まれるカプサイシンの3倍程度ともいわれます。ラズベリーの実は生のままでも美味しく、消化不良や整腸作用があります。

材料(11×14cm流し缶1台分)

ラズベリー(冷凍)
150g
砂糖
15g
バニラアイスクリーム
200g
粉ゼラチン
8g
大さじ2
キルシュワッサー
小さじ2
(土台)
・プレーンクラッカー
45g
・バター
15g
・ココアパウダー
5g
・砂糖
15g
ホイップクリーム
少々
ミント
少々

作り方

  1. 1.アイスクリームはボウルに入れ、常温において溶かします。バターも常温に戻します。オーブンは180℃に予熱します。
  2. 2.土台を作ります。砕いたプレーンクラッカー、バター、ココアパウダー、砂糖をフードプロセッサーまたはミキサーにかけます。型に敷き詰め、オーブンで10分焼いて冷まします。
  3. 3.器に水とキルシュワッサーを入れ、粉ゼラチンをふり入れて10分ほどふやかしておきます。
  4. 4.鍋にラズベリーと砂糖を入れて5分ほど置いてから火にかけます。沸騰したら火を止め、バニラアイスクリームの1/3量を合わせ、フードプロセッサーまたはミキサーにかけます。
  5. 5.(4)を鍋に戻し入れ、(3)を加えて火にかけます。ゼラチンが溶けたら火を止め、一度こします。残りのバニラアイスクリームを加えて混ぜたら、(2)の型に流し入れ、冷蔵庫で冷やしかためます。
  6. 6.(5)を切り分け、ホイップクリームとミントを飾ります。

ワンポイントアドバイス

生クリームの代わりにバニラアイスクリームを使ったムースレシピ。ラズベリーの酸味とバニラアイスの甘味がよく合います。ラズベリーの種を取り除くために必ず濾してください。作ってから1日おくと、土台に水分がなじんで口当たりが良くなります。

【栄養価(1/12切れ分換算)】

エネルギー(kcal) 96
たんぱく質(g) 1.9
脂質(g) 5
炭水化物(g) 10.7
糖質(g) 9.9
食物繊維(g) 0.8
塩分(食品相当量)(g) 0.1
カルシウム(mg) 36
鉄(mg) 0.2
カリウム(mg) 70
亜鉛(mg) 0.2
ビタミンE(mg) 0.6
ビタミンB1(mg) 0.02
ビタミンC(mg) 3
コレステロール(mg) 16
ビタミンB6(mg) 0.01
ビタミンB12(μg) 0
葉酸(μg) 5
エネルギー(kcal)96カリウム(mg)70
たんぱく質(g)1.9亜鉛(mg)0.2
脂質(g)5ビタミンE(mg)0.6
炭水化物(g)10.7ビタミンB1(mg)0.02
糖質(g)9.9ビタミンC(mg)3
食物繊維(g)0.8コレステロール(mg)16
塩分(食品相当量)(g)0.1ビタミンB6(mg)0.01
カルシウム(mg)36ビタミンB12(μg)0
鉄(mg)0.2葉酸(μg)5

この「レシピ」のキーワード

レシピレンタルはこちら