注目キーワード
キャベツ
新玉ねぎ
絹さや
長いも
鶏むね肉
さわら
えんどう
いちご
パスタ
さんまの塩焼き

さんまの塩焼きレシピ

310Kcal(1人分換算)

10-20

さんまの塩焼き

  • 携帯に送る
  • 印刷する
管理栄養士コメント
さんまは血液サラサラに役立つDHA、EPAのほか、貧血予防に効果的なビタミンB12も豊富に含んでいる魚です。わたには免疫力向上に役立つビタミンAが豊富に含まれていますので、新鮮なら一緒に食べましょう。

310Kcal

1人分換算
脂質 23.2g
糖質 3.1g
塩分(食塩相当量) 1.7g
コレステロール 64mg
ビタミンD 14.6μg
ビタミンB2 0.29mg

全ての栄養素を見る

燃焼レベル

ジョギング(120m/分) 55分

ジョギング(120m/分)

レシピの栄養価グラフ
  • たんぱく質
  • 食物繊維
  • カルシウム
  • 鉄
  • ビタミンA
  • ビタミンB1
  • ビタミンC

※数値については成人女性30~49歳の参考値にて算出
※1日3食、1食3~4品で均等割+αで算出

材料

4人分

作り方

  1. 1

    さんまは両面のぬめり、うろこを引き、頭、内臓をつけたまま斜め半分に切ります。

  2. 2

    ふり塩はややきつめにし、15分置き、身をしめます。出てきた余分な水分はキッチンペーパーでしっかりふき取ります。

  3. 3

    コンロのグリルをあらかじめ中火で予熱しておき、さんまを焼きます。一度裏返しにしてこんがり香ばしく焼きます。

  4. 4

    きゅうりは千切りにして軽く塩でもみ、水分を絞り、水気をとった甘酢しょうがと混ぜておきます。

  5. 5

    焼き上がったさんまを器に盛り付け、(4)とすだち、しょうゆをかけた大根おろしを添えます。

主材料
さんまの塩焼き
ジャンル
さんまの塩焼き
調理方法
さんまの塩焼き

ワンポイントアドバイス

目が清らかに澄んで、光っていて、エラから血がにじんでいないものを選んでください。あとは塩加減です。季節のさんまは何よりもごちそうです。

ページの先頭へ戻る

このサイトの写真、イラスト、文章を著作者に無断で転載、使用することは法律で禁じられています。
会社法人、営利目的等でご利用を希望される場合は、必ずこちらからお問い合わせください。

料理レシピや写真・画像のご利用について