注目キーワード
ピーマン
アスパラガス
さやいんげん
梅干し
パンケーキ
フライパンひとつ
厚揚げ
鶏むね肉
しし唐辛子
青じそ

たけのこといかの梅肉和えレシピ

58Kcal(1人分換算)

たけのこといかの梅肉和え

  • 携帯に送る
  • 印刷する
管理栄養士コメント
梅のクエン酸は疲労物質の乳酸が作られるのを抑え、疲労回復に役立つとされています。また、唾液や消化液の分泌を促し、食欲増進にも働くとされていますので、疲れ気味の方にお勧めの食材です。

58Kcal

1人分換算
脂質 0.2g
糖質 6.1g
塩分(食塩相当量) 4.3g
コレステロール 53mg
ビタミンD 0μg
ビタミンB2 0.06mg

全ての栄養素を見る

燃焼レベル

自動車の運転 43分

自動車の運転

レシピの栄養価グラフ
  • たんぱく質
  • 食物繊維
  • カルシウム
  • 鉄
  • ビタミンA
  • ビタミンB1
  • ビタミンC

※数値については成人女性30~49歳の参考値にて算出
※1日3食、1食3~4品で均等割+αで算出

材料

4人分

  • たけのこ(ゆで)160g
  • (A)
  • ・だし汁100ml
  • ・みりん小さじ1・1/2
  • ・薄口しょうゆ小さじ1・1/2
  • 紋甲いか100g
  • 梅干し4個
  • (B)
  • ・酒大さじ2
  • ・砂糖大さじ1
  • ・うま味調味料少々
  • 赤芽じそ適量

作り方

  1. 1

    たけのこは1cm角のさいの目切りにし、(A)で下煮して冷まします。

  2. 2

    紋甲いかは格子状の切り目を入れ、(1)よりやや大きめに切って塩(分量外)ゆでし、冷まします。

  3. 3

    梅干しはサッとゆでてすり鉢ですり、(B)を加えて(1)、(2)と和え、器に盛って赤芽じそを飾ります。

ワンポイントアドバイス

梅のクエン酸は疲労物質の乳酸が作られるのを抑えて疲労回復に役立ちます。

ページの先頭へ戻る

このサイトの写真、イラスト、文章を著作者に無断で転載、使用することは法律で禁じられています。
会社法人、営利目的等でご利用を希望される場合は、必ずこちらからお問い合わせください。

料理レシピや写真・画像のご利用について