注目キーワード
バレンタイン
れんこん
介護食
大根
やわらか食
にもの
ブロッコリー
免疫
水菜

ピーチババロアケーキレシピ

364Kcal(1/8切れ分換算)

ピーチババロアケーキ

  • 印刷する
管理栄養士コメント
ババロア作りに必須なのがゼラチンです。ゼラチンは動物のたんぱく質であるコラーゲンから成っています。コラーゲンは肌のハリと弾力を保つのに重要な成分です。ビタミンCを組み合わせてとるとさらに効果的です。

364Kcal

1/8切れ分換算
脂質 18.9g
糖質 37.7g
塩分(食塩相当量) 0.2g
コレステロール 154mg
ビタミンD 0.7μg
ビタミンB2 0.13mg

全ての栄養素を見る

燃焼レベル

フットサル 58分

フットサル

レシピの栄養価グラフ
  • たんぱく質
  • 食物繊維
  • カルシウム
  • 鉄
  • ビタミンA
  • ビタミンB1
  • ビタミンC

※数値については成人女性30~49歳の参考値にて算出
※1日3食、1食3~4品で均等割+αで算出

材料

21cm丸型1台分

  • (パートシュクレ)
  • ・バター(無塩)60g
  • ・薄力粉80g
  • ・砂糖30g
  • ・卵黄1/2個分
  • ・塩ひとつまみ
  • (ゼリー液)
  • ・粉ゼラチン7g
  • ・水(ゼラチン用)35ml
  • ・砂糖40g
  • ・水120ml
  • ・ロゼワイン70ml
  • (ピーチババロア生地)
  • ・粉ゼラチン16g
  • ・水(ゼラチン用)80ml
  • ・卵黄3個分
  • ・砂糖70g
  • ・牛乳300ml
  • ・白桃(缶詰)200g
  • ・コアントロー大さじ1
  • ・レモン果汁大さじ1
  • ・生クリーム150ml
  • (飾り用)
  • ・白桃(缶詰)4切れ

作り方

  1. (パートシュクレを作ります)

  2. 1

    バターをクリーム状に練り、砂糖を加えて白っぽくなるまですり混ぜ、卵黄、塩も加えます。

  3. 2

    ふるった薄力粉を一度に加え、ひとまとめにして、冷蔵庫で休ませます。

  4. 3

    3mmの厚さにのばし、21cmの円形に切ります。

  5. 4

    オーブン皿にのせ、フォークで空気穴を開けて、ガス高速オーブンで焼きます(170℃前後、約10分)。

  6. 5

    焼き上がれば、粗熱を取り、セルクルの底に敷き込みます。

  7. (ピーチババロア生地を作ります)

  8. 6

    白桃は、裏ごししておきます。

  9. 7

    粉ゼラチンは、分量の水でふやかしておきます。

  10. 8

    卵黄に砂糖を加えてよく泡立て、沸騰直前まで温めた牛乳を加えて混ぜ、(7)を加えて溶かします。

  11. 9

    粗熱が取れれば、(6)、コアントロー、レモン果汁を加え、氷水に当てて、とろみを付けます。

  12. 10

    八分立てにした生クリームを加えます。

  13. 11

    (5)のセルクルに流し入れ、上面を平らにして、冷蔵庫で冷やしかためます。

  14. (ゼリー液を作ります)

  15. 12

    粉ゼラチンは、分量の水でふやかしておきます。

  16. 13

    砂糖、水、ロゼワインを合わせて火にかけ、砂糖が溶ければ、火から下ろして、(12)を加えて溶かします。

  17. (仕上げます)

  18. 14

    飾り用の白桃は、3mm厚に切ります。

  19. 15

    (11)に(14)を並べます。

  20. 16

    粗熱を取った(13)を流し入れ、冷蔵庫で冷やしかためます。

  21. 17

    かたまれば、熱いぬれふきんをセルクルに当て、セルクルを抜きます。

ワンポイントアドバイス

ババロア作りに必須なのがゼラチンです。ゼラチンは動物のたんぱく質であるコラーゲンから成っています。コラーゲンはお肌のハリと弾力を保つのに重要な成分です。ビタミンCを組み合わせて摂るとさらに効果的。

ページの先頭へ戻る

このサイトの写真、イラスト、文章を著作者に無断で転載、使用することは法律で禁じられています。
会社法人、営利目的等でご利用を希望される場合は、必ずこちらからお問い合わせください。

料理レシピや写真・画像のご利用について

料理コンテンツの提案をご検討中の代理店、印刷会社の方へ「レシピレンタル」