注目キーワード
クリスマス
さつまいも
介護食
白菜
やわらか食
おつまみ
鍋物
春菊

オレンジ釜の卵豆腐レシピ

130Kcal(1人分換算)

オレンジ釜の卵豆腐

  • 印刷する
管理栄養士コメント
夏を旬とするあなごやえだ豆をあしらった卵豆腐です。あなごはレチノールが豊富で、目の機能や皮膚、粘膜を守ります。えだ豆にはビタミンB1が多く含まれ、疲労からくるスタミナ不足の解消に効果が期待できます。

130Kcal

1人分換算
脂質 5.1g
糖質 9.5g
塩分(食塩相当量) 1.6g
コレステロール 207mg
ビタミンD 0.8μg
ビタミンB2 0.22mg

全ての栄養素を見る

燃焼レベル

なわとび 18分

なわとび

レシピの栄養価グラフ
  • たんぱく質
  • 食物繊維
  • カルシウム
  • 鉄
  • ビタミンA
  • ビタミンB1
  • ビタミンC

※数値については成人女性30~49歳の参考値にて算出
※1日3食、1食3~4品で均等割+αで算出

材料

4人分

  • (卵豆腐)
  • ・卵4個
  • ・だし汁350ml
  • ・みりん小さじ1・1/3
  • ・塩小さじ3/4
  • えび4尾
  • 適量
  • 適量
  • 片栗粉適量
  • あなご(焼き)4切れ(18g)
  • えだ豆8粒
  • 三つ葉の軸8本
  • (オレンジあん)
  • ・オレンジ果汁200ml
  • ・だし汁200ml
  • ・片栗粉小さじ1
  • ・水小さじ1
  • オレンジ(皮、カップ用)2個分

作り方

  1. 1

    卵を溶きほぐし、だし汁、みりん、塩で調味して裏ごしします。

  2. 2

    水にくぐらせた流し缶(小)に(1)を流し入れ、アルミホイルで二重ぶたをして、温めておいたガス高速オーブンで湯せん蒸しにします(190℃前後、約20分+保温、約5分)。

  3. 3

    えびは、殻、背わたを取って花えびにし、酒、塩をふり、薄く片栗粉をまぶしてゆでます。

  4. 4

    あなごは、えびの大きさに合わせて切ります。

  5. 5

    えだ豆は塩ゆでして実を取り出し、三つ葉はサッとゆでて2本ずつ結びます。

  6. 6

    オレンジは横半分に切り、果汁を絞って、皮はカップ用に残しておきます。

  7. 7

    (6)の果汁、だし汁を煮立て、水溶き片栗粉でとろみを付けます。

  8. 8

    (6)のオレンジカップに(2)を円形に抜いて入れ、(3)~(5)を飾って(7)をはります。

ワンポイントアドバイス

夏を旬とするアナゴやエダマメをあしらった卵豆腐です。アナゴにはレチノールが豊富で、目の機能や皮膚・粘膜を守ります。エダマメにはビタミンB1が多く含まれ、疲労からくるスタミナ不足の解消に効果が期待できます。

ページの先頭へ戻る

このサイトの写真、イラスト、文章を著作者に無断で転載、使用することは法律で禁じられています。
会社法人、営利目的等でご利用を希望される場合は、必ずこちらからお問い合わせください。

料理レシピや写真・画像のご利用について

料理コンテンツの提案をご検討中の代理店、印刷会社の方へ「レシピレンタル」