注目キーワード
とうもろこし
なす
トマト
ピーマン
豚肉
しょうが
豆腐
オクラ
ひんやり麺
めんつゆ

桃のムースレシピ

334Kcal(1/8切れ分換算)

桃のムース

  • 携帯に送る
  • 印刷する
管理栄養士コメント
赤ワインに含まれるポリフェノールには抗酸化作用があり、コレステロールの酸化を抑えて動脈硬化の予防に効果が期待できます。熱にも強いですので、加熱してもその効果は変わりません。

334Kcal

1/8切れ分換算
脂質 11.9g
糖質 41.1g
塩分(食塩相当量) 0.1g
コレステロール 140mg
ビタミンD 0.6μg
ビタミンB2 0.13mg

全ての栄養素を見る

燃焼レベル

ジョギング(120m/分) 60分

ジョギング(120m/分)

レシピの栄養価グラフ
  • たんぱく質
  • 食物繊維
  • カルシウム
  • 鉄
  • ビタミンA
  • ビタミンB1
  • ビタミンC

※数値については成人女性30~49歳の参考値にて算出
※1日3食、1食3~4品で均等割+αで算出

材料

直径20cmセルクル1台分

  • (ビスキュイ)
  • ・卵2個
  • ・砂糖60g
  • ・薄力粉60g
  • ・バニラオイル少々
  • ・粉砂糖適量
  • (桃の赤ワイン煮・ムース)
  • ・白桃(缶詰)5切れ
  • (A)
  • ・赤ワイン300ml
  • ・砂糖100g
  • レモン(輪切り)1~2枚
  • 板ゼラチン8g
  • 卵黄2個分
  • 砂糖50g
  • 牛乳100ml
  • レモン果汁小さじ2
  • 生クリーム150ml
  • (仕上げ用)
  • ・板ゼラチン6g
  • ・レモン果汁小さじ1
  • (B)
  • ・水150ml
  • ・赤ワイン150ml

作り方

  1. (ビスキュイを作ります)

  2. 1

    卵は卵白と卵黄に分け、卵黄に砂糖の半量を加えて白っぽくなるまですり混ぜ、バニラオイルを加えます。

  3. 2

    卵白はツノが立つまで泡立て、残りの砂糖を2~3回に分けて加え、さらに泡立ててしっかりとしたメレンゲを作ります。

  4. 3

    (1)に(2)の半量を加えて混ぜ、ふるった薄力粉を一度に加えてサックリと混ぜます。

  5. 4

    残りの(2)を加え、泡を消さないように混ぜます。

  6. 5

    丸型金口をつけた絞り出し袋に入れ、クッキングペーパーを敷いたオーブン皿に直径4cmの丸型を15個絞り、残った生地をうず巻き状に絞ります。

  7. 6

    粉砂糖を2度ふってガスオーブンで焼きます(170℃前後 約20分)。

  8. (桃の赤ワイン煮・ムースを作ります)

  9. 7

    鍋に(A)を合わせて沸騰すれば火を止め、桃とレモンを加えて漬け込みます(ひと晩)。

  10. 8

    (7)の桃の3切れは汁気を切ってフードプロセッサーにかけます。

  11. 9

    卵黄に砂糖を加えて白っぽくなるまですり混ぜます。

  12. 10

    温めた牛乳を(9)に少しずつ加え、一度こしてから鍋に戻し入れ、弱火で煮てとろみをつけます。

  13. 11

    冷水で戻した板ゼラチンを加え、粗熱が取れれば(8)と合わせます。

  14. 12

    氷水に当ててとろみをつけレモン果汁、七分立てにした生クリームと合わせます。

  15. (仕上げます)

  16. 13

    (7)の桃の赤ワイン煮2切れはスライスします。

  17. 14

    鍋に(B)を入れて沸かし、火を止めて、冷水で戻した板ゼラチンを加え、粗熱を取り、レモン果汁を加えます。

  18. 15

    セルクルの中央に直径15cm程度に切ったビスキュイを置き、(7)の煮汁を大さじ3杯程度しみ込ませます。

  19. 16

    (12)を流し入れ冷やしかためます。

  20. 17

    (13)を放射線状に並べ、(14)を流してさらに冷やしかためます。

  21. 18

    セルクルをはずし、直径4cmのビスキュイを周囲に貼り付け、仕上げます。

ページの先頭へ戻る

このサイトの写真、イラスト、文章を著作者に無断で転載、使用することは法律で禁じられています。
会社法人、営利目的等でご利用を希望される場合は、必ずこちらからお問い合わせください。

料理レシピや写真・画像のご利用について