注目キーワード
かぶ
大根
長ねぎ
鍋物
フライパンひとつ
白菜
鶏むね肉
カッテージチーズ
ほうれん草

カップひなずしレシピ

222Kcal(1個分換算)

カップひなずし

  • 携帯に送る
  • 印刷する
管理栄養士コメント
米酢は、米を主材料として作られた酢で、あのすっぱさは、酢酸とクエン酸という成分によるものです。運動をして疲れた時に、レモンなどのすっぱいものを食べるとよいのは、クエン酸が働いて疲れをとってくれるからです。

222Kcal

1個分換算
脂質 4.2g
糖質 31g
塩分(食塩相当量) 2.3g
コレステロール 134mg
ビタミンD 6.2μg
ビタミンB2 0.31mg

全ての栄養素を見る

燃焼レベル

掃きそうじ 79分

掃きそうじ

レシピの栄養価グラフ
  • たんぱく質
  • 食物繊維
  • カルシウム
  • 鉄
  • ビタミンA
  • ビタミンB1
  • ビタミンC

※数値については成人女性30~49歳の参考値にて算出
※1日3食、1食3~4品で均等割+αで算出

材料

200mlカップ4個分

  • 1合
  • 昆布1枚(2cm角)
  • (合わせ酢)
  • ・米酢大さじ2弱
  • ・砂糖小さじ2
  • ・塩小さじ1/2
  • かにのほぐし身100g
  • さやいんげん16枚
  • いくら大さじ3
  • 1個
  • 砂糖小さじ1/2
  • ふたつまみ
  • サラダ油小さじ1/3

作り方

  1. このレシピは子どもでもチャレンジできるレシピです。

  2. 1

    すし飯を作ります。炊飯がまにといだ米と分量の水を入れ、30分つけた後、昆布を入れて炊きます。合わせ酢の材料を混ぜ合わせておきます。

  3. 2

    ご飯が炊き上がったら昆布を取り除き、ぬれふきんで湿らせたすし桶にあけます。合わせ酢を回しかけ、ご飯を手早く切るように混ぜ、うちわであおぎながら冷まします。ご飯が乾燥しないようにぬれふきんをかけておきます。

  4. 3

    さやいんげんは塩少々(分量外)を入れた湯で1分ほどゆで、ザルにあげます。粗熱が取れたら、斜め細切りにします。

  5. 4

    耐熱ボウルに卵を溶きほぐし、砂糖、塩、サラダ油を加えて混ぜます。ラップをふんわりかけ、電子レンジ(600W)で30秒加熱したら一旦取り出し、菜箸4本を使ってよく混ぜます。再び30秒加熱して混ぜ、全体がポロポロとした状態になるまで2回ほどくり返します。

  6. 5

    カップにすし飯、かにのほぐし身、(3)のさやいんげん、(4)の炒り卵を彩りよく詰めて、最後にいくらをのせます。

  7. ※かに缶を使うときは、水気を軽く切ってください。

ワンポイントアドバイス

ひなまつりらしい春色の具を詰めたお寿司です。中身が見えるように、透明のカップやグラスに詰めるとよいでしょう。

ページの先頭へ戻る

このサイトの写真、イラスト、文章を著作者に無断で転載、使用することは法律で禁じられています。
会社法人、営利目的等でご利用を希望される場合は、必ずこちらからお問い合わせください。

料理レシピや写真・画像のご利用について