注目キーワード
マロン
里いも
さんま
えだ豆
きのこ
豆腐
さつまいも
かぼちゃ
むね肉
れんこん

ゴーヤーと夏野菜の豆腐ナッツディップレシピ

238Kcal(1人分換算)

ゴーヤーと夏野菜の豆腐ナッツディップ

  • 携帯に送る
  • 印刷する
管理栄養士コメント
ホルモンバランスの乱れの改善や、美肌・美白におすすめ。豆腐に含まれるイソフラボンが肌の新陳代謝を促し、アーモンドに豊富に含まれる、抗酸化作用の強いビタミンEが、ゴーヤーに多いビタミンCの美肌・美白効果をさらに強めてくれます。ゴーヤーだけでなくカシューナッツにもビタミンB1が多く、炭水化物の代謝を促すため、夏バテ予防や疲労回復にも効果があります。

238Kcal

1人分換算
脂質 13.6g
糖質 14.5g
塩分(食塩相当量) 1.6g
コレステロール 0mg
ビタミンD 0μg
ビタミンB2 0.15mg

全ての栄養素を見る

燃焼レベル

ゴルフ 71分

ゴルフ

レシピの栄養価グラフ
  • たんぱく質
  • 食物繊維
  • カルシウム
  • 鉄
  • ビタミンA
  • ビタミンB1
  • ビタミンC

※数値については成人女性30~49歳の参考値にて算出
※1日3食、1食3~4品で均等割+αで算出

材料

2人分

作り方

  1. 1

    ゴーヤーはわたを取り、縦に1cm程度の棒状に切り、水にさらして水気をふいておきます。パプリカ、きゅうり、ズッキーニも同様に切っておきます。

  2. 2

    木綿豆腐をキッチンペーパーでよくふき、水気を切ります。

  3. 3

    ピーナッツは粗く刻んでおきます。

  4. 4

    木綿豆腐、白みそ、練りごま、砂糖、塩、(3)のピーナッツをボウルに入れ、泡立て器でよく混ぜ合わせます。

  5. 5

    (1)の野菜を皿に盛り付け、(4)の豆腐ディップを添えます。

ワンポイントアドバイス

濃厚な白和えのようなディップが、夏野菜の独特の青みや苦味を緩和して美味しくいただけるレシピです。好みでアンチョビ、オリーブ油を加えてより濃厚なディップにしするのもおすすめです。サンドイッチにしたり、そのまま食べたりもできますので、たっぷり作って楽しんで下さい。

ページの先頭へ戻る

このサイトの写真、イラスト、文章を著作者に無断で転載、使用することは法律で禁じられています。
会社法人、営利目的等でご利用を希望される場合は、必ずこちらからお問い合わせください。

料理レシピや写真・画像のご利用について