注目キーワード
大根
鍋物
鶏もも肉
白菜
長ねぎ
里いも
納豆
クリスマス
基本
れんこん

鶏肉の梅酒煮レシピ

391Kcal(1人分換算)

鶏肉の梅酒煮

  • 携帯に送る
  • 印刷する
管理栄養士コメント
体を温めるしょうがに加え、梅にもエネルギー燃焼効果があるので芯から体を温めてくれます。鶏肉の良質たんぱく質と、もやしに含まれるビタミン類を一緒に摂取することで代謝効率を良くし、冷え性を改善しながら夏バテ対策にもなるレシピです。

391Kcal

1人分換算
脂質 22.1g
糖質 5.9g
塩分(食塩相当量) 3.7g
コレステロール 104mg
ビタミンD 0.1μg
ビタミンB2 0.31mg

全ての栄養素を見る

燃焼レベル

読書 355分

読書

レシピの栄養価グラフ
  • たんぱく質
  • 食物繊維
  • カルシウム
  • 鉄
  • ビタミンA
  • ビタミンB1
  • ビタミンC

※数値については成人女性30~49歳の参考値にて算出
※1日3食、1食3~4品で均等割+αで算出

材料

2人分

作り方

  1. 1

    鶏肉は、皮と身の間にある黄色い脂のかたまり部分を切り除いて掃除をします。皮はうま味やコラーゲンのもととなるのでつけたまま、ひと口サイズに切ります。

  2. 2

    フライパンに皮を下にして鶏肉を並べ、酒、軽くつぶした梅干し、しょうが汁を加えます。鶏肉がひたひたになる程度のサイズのフライパンを選んでください。

  3. 3

    ふたをして10分弱火で加熱、ふたをあけて、サッと洗ったもやしを上に散らしてまたふたをし、弱火で更に5分加熱します。皮は熱伝導が弱いため、皮を下にしてフライパンの底に当てることで、肉が高温になり過ぎてパサつくのを防いでくれます。また、もやしで蒸し煮状態にすることで、鶏肉がしっとり仕上がり、臭みも取れます。

  4. 4

    粗熱が取れるまで置いておきます。熱いまま鶏肉を取り出すとかたくなってしまうので、少しの時間でも、味をなじませてから盛り付けて下さい。冷蔵庫でよく冷やして食べても美味しくいただけます。

ワンポイントアドバイス

鶏肉をしっとり仕上げるには、高温にならないように加熱することも大切ですが、加熱後すぐに煮汁から引き上げず、馴染むまで煮汁に漬けておくことが一番重要です。少しの時間で味わいが変わるので、粗熱が取れるまで鍋のふたをしたまま置いておいてください。

ページの先頭へ戻る

このサイトの写真、イラスト、文章を著作者に無断で転載、使用することは法律で禁じられています。
会社法人、営利目的等でご利用を希望される場合は、必ずこちらからお問い合わせください。

料理レシピや写真・画像のご利用について