注目キーワード
なす
こんにゃく
弁当
から揚げ
照り焼き
ささ身
ツナ缶
かにかま
ベーコン

梅しそ鶏天レシピ

388Kcal(1人分換算)

梅しそ鶏天

  • 携帯に送る
  • 印刷する
管理栄養士コメント
梅に含まれるクエン酸は筋肉にたまった疲労物質である乳酸をエネルギーに変えるのに役立ちます。また、鶏むね肉に豊富なアミノ酸の一種イミダペプチドは、疲労の原因となる活性酸素を抑えて細胞へのダメージを防ぎ、疲労回復を促すのに働きます。さらに青じそを加えることで、食欲を増進させて胃の調子を整えると同時に、豊富なビタミン・ミネラルも相乗してより効果的に疲労回復につながります。活動的な方におすすめの体力強化に役立つレシピです。

388Kcal

1人分換算
脂質 19.2g
糖質 26.9g
塩分(食塩相当量) 4.2g
コレステロール 107mg
ビタミンD 0.3μg
ビタミンB2 0.15mg

全ての栄養素を見る

燃焼レベル

釣り 85分

釣り

レシピの栄養価グラフ
  • たんぱく質
  • 食物繊維
  • カルシウム
  • 鉄
  • ビタミンA
  • ビタミンB1
  • ビタミンC

※数値については成人女性30~49歳の参考値にて算出
※1日3食、1食3~4品で均等割+αで算出

材料

2人分

  • 鶏むね肉1/2枚(150g)
  • 大さじ1
  • しょうが汁大さじ1/2
  • ごま油小さじ1/2
  • 砂糖小さじ1/4
  • ひとつまみ
  • こしょう少々
  • 小麦粉(打ち粉)適量
  • 青じそ8枚
  • 梅肉適量
  • (衣)
  • ・溶き卵1/2個分
  • ・小麦粉大さじ3
  • ・片栗粉大さじ2
  • ・冷水大さじ2
  • ・酒大さじ1
  • 揚げ油適量

作り方

  1. 1

    鶏むね肉の皮を取り除き、斜めに削ぐように6つに切ります。

  2. 2

    保存袋に酒、しょうが汁、ごま油、砂糖、塩、こしょうを入れてよく混ぜ合わせ、鶏むね肉を加えて軽くもみ、30分以上冷蔵庫で寝かせておきます。

  3. 3

    鶏肉の水分を拭き取り、打ち粉を薄くまぶします。

  4. 4

    ボウルにとき卵、小麦粉、片栗粉、冷水、酒を入れてサックリと混ぜ合わせます。

  5. 5

    青じそ6枚に梅肉を薄く塗り、鶏肉に貼り付けます。更に薄く打ち粉をします。

  6. 6

    (4)の衣をつけ、170℃の揚げ油で2分程度揺らしながら揚げ、油を切って取り出します。器に残り2枚の青じそを敷いて盛り付けます。

ワンポイントアドバイス

卵と片栗粉が入ったふんわりさっくり軽い食感の揚げ物です。鶏肉の水分が残っていると、くたくたの衣になりやすいので、漬け汁から取り出した鶏肉はキッチンペーパーでしっかり水分を拭き取って仕上げて下さい。

ページの先頭へ戻る

このサイトの写真、イラスト、文章を著作者に無断で転載、使用することは法律で禁じられています。
会社法人、営利目的等でご利用を希望される場合は、必ずこちらからお問い合わせください。

料理レシピや写真・画像のご利用について