注目キーワード
疲労
豚肉
月見
えだ豆
朝食
パプリカ
やわらか食
鶏むね肉
美白

長いもとまいたけのおとし汁レシピ

81Kcal(1人分換算)

長いもとまいたけのおとし汁

  • 印刷する
管理栄養士コメント
胃腸にやさしい温かくとろみがあるお汁です。少しレアに火を通した長いもに消化酵素が豊富な為、消化吸収を促進し、食事全体の栄養素をより効率よく吸収できるように促します。長いもには高血圧や動脈硬化を予防する効能が高く、まいたけにも血圧や血糖値を下げる働きがあることから相乗効果が期待できます。

81Kcal

1人分換算
脂質 0.3g
糖質 12.8g
塩分(食塩相当量) 2.2g
コレステロール 0mg
ビタミンD 1.2μg
ビタミンB2 0.09mg

全ての栄養素を見る

燃焼レベル

腹筋 11分

腹筋

レシピの栄養価グラフ
  • たんぱく質
  • 食物繊維
  • カルシウム
  • 鉄
  • ビタミンA
  • ビタミンB1
  • ビタミンC

※数値については成人女性30~49歳の参考値にて算出
※1日3食、1食3~4品で均等割+αで算出

材料

2人分

  • 長いも120g
  • 片栗粉大さじ1/2
  • 青のり粉小さじ1
  • 少々
  • まいたけ1/2パック
  • だし汁2カップ
  • 大さじ1
  • 薄口しょうゆ小さじ2
  • みりん大さじ1/2

作り方

  1. 1

    長いもは皮をむき、水にさらしてあく抜きします。すりおろしてボウルに入れ、片栗粉、青のり粉、塩を加えてよく混ぜます。

  2. 2

    鍋にだし汁を入れて加熱し、酒、薄口しょうゆ、みりんを加えてひと煮立ちさせ、ひと口大にさいたまいたけを加えてサッと火を通します。

  3. 3

    塩で味を調えたら、(1)をスプーンですくいながらひと口サイズ程度にしてそっと加えます。

  4. 4

    弱火でゆっくりと火を通し、一度、長いもを裏返してさらに温めるように火を通します。

  5. 5

    器に盛り付けてできあがりです。

ワンポイントアドバイス

長いもが崩れやすいので、弱火でそっと火を通して下さい。それでもまわりが少しとろけるようになり、汁全体にとろみがついて美味しく出来上がります。もちもちとした食感が好みの場合は大和いもか、いちょういもを使うとよいでしょう。

ページの先頭へ戻る

このサイトの写真、イラスト、文章を著作者に無断で転載、使用することは法律で禁じられています。
会社法人、営利目的等でご利用を希望される場合は、必ずこちらからお問い合わせください。

料理レシピや写真・画像のご利用について

料理コンテンツの提案をご検討中の代理店、印刷会社の方へ「レシピレンタル」