注目キーワード
ピーマン
アスパラガス
さやいんげん
梅干し
パンケーキ
フライパンひとつ
厚揚げ
鶏むね肉
しし唐辛子
青じそ

牛ひき肉の他人丼レシピ

542Kcal(1人分換算)

牛ひき肉の他人丼

  • 携帯に送る
  • 印刷する
管理栄養士コメント
牛赤身肉は吸収率の良いヘム鉄と呼ばれる鉄分が多く、更に造血のビタミン、ビタミンB12や葉酸も摂取できる、貧血予防に適した食材です。卵にも葉酸が含まれており、鉄、葉酸、鉄分の吸収を促進するビタミンCが豊富なほうれん草を組み合わせることで、より効果的に貧血対策ができます。

542Kcal

1人分換算
脂質 16.4g
糖質 68.6g
塩分(食塩相当量) 2.9g
コレステロール 242mg
ビタミンD 1μg
ビタミンB2 0.48mg

全ての栄養素を見る

燃焼レベル

釣り 119分

釣り

レシピの栄養価グラフ
  • たんぱく質
  • 食物繊維
  • カルシウム
  • 鉄
  • ビタミンA
  • ビタミンB1
  • ビタミンC

※数値については成人女性30~49歳の参考値にて算出
※1日3食、1食3~4品で均等割+αで算出

材料

2人分

  • ご飯お茶碗2杯分
  • 牛ひき肉100g
  • だし汁(かつお・昆布)1カップ
  • 少々
  • こしょう少々
  • (A)
  • ・だし汁(かつお・昆布)大さじ1
  • ・片栗粉大さじ1
  • ほうれん草1/2束
  • 2個
  • しょうゆ大さじ1・1/2
  • みりん大さじ1・1/2
  • 砂糖小さじ1

作り方

  1. 1

    ご飯をやわらかめに炊いて用意しておきます。

  2. 2

    ほうれん草を塩を加えた熱湯で2分ほどやわらかくゆで、冷水に取って冷やしてから水気を絞り、ひと口サイズに切っておきます。

  3. 3

    鍋にだし汁(1/4カップ)を入れて沸かし、ひき肉を入れてほぐしながら火を通します。

  4. 4

    塩、こしょうを加えてから、合わせた(A)でとろみをつけます。

  5. 5

    だし汁(3/4カップ)、しょうゆ、みりん、砂糖を加えて軽く混ぜながら沸かし、ほうれん草を加えてひと煮立ちさせます。

  6. 6

    卵を軽く溶いて全体に流し入れ、10秒触らず待ってからお箸で全体をゆっくり混ぜます。ふたをして火を止め、1分ほど蒸らします。

  7. 7

    器にご飯を盛り、(6)をかけます。

ワンポイントアドバイス

ひき肉に片栗粉でとろみをしっかりつけてから、煮汁を加えますが、その時混ぜすぎると肉に付いたとろみが流れやすくなります。ひき肉がかたくならないように、とろみを落とさないように、やさしく軽く混ぜましょう。※日本介護食品協議会の「かたさ」や「粘度」による区分:容易に噛める

ページの先頭へ戻る

このサイトの写真、イラスト、文章を著作者に無断で転載、使用することは法律で禁じられています。
会社法人、営利目的等でご利用を希望される場合は、必ずこちらからお問い合わせください。

料理レシピや写真・画像のご利用について