注目キーワード
りんご
いも
しめじ
かぼちゃ
ハロウィン
やわらか食
美肌
介護食

モロヘイヤのポタージュレシピ

64Kcal(1人分換算)

モロヘイヤのポタージュ

  • 印刷する
管理栄養士コメント
骨の形成に欠かせないカルシウムやビタミンKが含まれているモロヘイヤに、骨からのカルシウムの流失を防ぐ効果のあると言われる大豆イソフラボンが豊富な豆乳を組み合わせた骨粗しょう症の対策に役立つレシピです。

64Kcal

1人分換算
脂質 2.3g
糖質 4.4g
塩分(食塩相当量) 0.8g
コレステロール 0mg
ビタミンD 0μg
ビタミンB2 0.13mg

全ての栄養素を見る

燃焼レベル

腹筋 8分

腹筋

レシピの栄養価グラフ
  • たんぱく質
  • 食物繊維
  • カルシウム
  • 鉄
  • ビタミンA
  • ビタミンB1
  • ビタミンC

※数値については成人女性30~49歳の参考値にて算出
※1日3食、1食3~4品で均等割+αで算出

材料

4人分

  • モロヘイヤ1袋
  • 豆乳2カップ
  • 1カップ
  • 鶏がらスープの素(顆粒)小さじ2
  • 砂糖小さじ1
  • 少々
  • こしょう少々

作り方

  1. 1

    モロヘイヤは葉と、茎のやわらかい部分、かたい部分に分けます。モロヘイヤの先のきれいな部分は飾りに少し取っておきます。※茎のかたい部分は使いません。

  2. 2

    (1)のモロヘイヤを塩ゆでします。茎は1分、葉は10秒ゆで、すぐにザルに取り、冷水で冷やして水気を切ります。

  3. 3

    ミキサーに水とモロヘイヤを入れてなめらかになるまですり潰します。

  4. 4

    鍋に(3)と豆乳、鶏がらスープの素、砂糖を入れて加熱して温め、塩、こしょうで味を調えます。

  5. 5

    器に注いで、取っておいた飾りのモロヘイヤを添えます。

ワンポイントアドバイス

包丁を使わずにミキサーだけで気軽に作れるレシピです。ミキサーにかける時、水を一度に全て入れるのではなく、3回程度に分けて加えると、なめらかに早くすり潰すことができます。もし、水分が足らず回りにくい場合は、豆乳を加えるとよいでしょう。温めても冷やしてもどちらでも楽しめます。 ※日本介護食品協議会の「かたさ」や「粘度」による区分:噛まなくてよい

ページの先頭へ戻る

このサイトの写真、イラスト、文章を著作者に無断で転載、使用することは法律で禁じられています。
会社法人、営利目的等でご利用を希望される場合は、必ずこちらからお問い合わせください。

料理レシピや写真・画像のご利用について

料理コンテンツの提案をご検討中の代理店、印刷会社の方へ「レシピレンタル」