注目キーワード
むね肉
オクラ
介護食
なす
やわらか食
ピーマン
免疫
玉ねぎ
弁当

鶏肉団子の照り焼きレシピ

292Kcal(1人分換算)

鶏肉団子の照り焼き

  • 印刷する
管理栄養士コメント
歯茎で噛めるほどふんわりやわらかい肉団子。お肉のかたまりが食べにくい方におすすめです。鶏肉のたんぱく質がしっかりとれるだけでなく、ねぎとしょうがが身体を温めて代謝を改善してくれるレシピです。

292Kcal

1人分換算
脂質 14g
糖質 12.9g
塩分(食塩相当量) 2.8g
コレステロール 80mg
ビタミンD 0.1μg
ビタミンB2 0.2mg

全ての栄養素を見る

燃焼レベル

ダンベル運動 29分

ダンベル運動

レシピの栄養価グラフ
  • たんぱく質
  • 食物繊維
  • カルシウム
  • 鉄
  • ビタミンA
  • ビタミンB1
  • ビタミンC

※数値については成人女性30~49歳の参考値にて算出
※1日3食、1食3~4品で均等割+αで算出

材料

2人分

  • 鶏ひき肉200g
  • 長ねぎ1/4本
  • 大さじ2
  • 大さじ2
  • 片栗粉大さじ1/2
  • しょうが汁小さじ1
  • 小さじ1/4
  • こしょう少々
  • (A)
  • ・酒大さじ1
  • ・みりん大さじ1
  • ・砂糖大さじ1・1/2
  • ・しょうゆ大さじ1・1/2
  • サラダ油適量
  • 青じそ2枚

作り方

  1. 1

    長ねぎを細かいみじん切りにします。

  2. 2

    ボウルに鶏ひき肉、長ねぎ、水、酒、片栗粉、しょうが汁、塩、こしょうを加えてねばりが出るまでよく練ります。

  3. 3

    (2)を6つに分けて丸く平らに形を整えます。

  4. 4

    フライパンに油を多めに入れて温め、温まったら弱火で(3)の鶏肉団子を並べます。ふたをして焦げ目が付くまで焼いたら裏返し、またふたをして火を通します。片面2~3分が目安です。

  5. 5

    焼いた鶏肉団子を一度取り出して、フライパンの油をきれいにふき取り、(A)の酒、みりん、砂糖、しょうゆをフライパンに加えてとろみが出るまで煮詰めます。鶏肉団子を戻し入れ、加熱しながら、たれを絡めたらできあがりです。

  6. 6

    器に青じそを敷き、(5)を盛り付けます。

ワンポイントアドバイス

フライパンで焼くときに、高温で焼くと焦げ目がしっかり付いて風味がよいですが、焼き目がかたい食感になり、人によっては食べにくくなります。やわらかくするにはゆっくり焼いて表面がかたくならない様に仕上げてください。さらにやわらかく仕上げたい場合は、油を使わず、団子が1/4程浸かる程度に水を加えてふたをして蒸し焼きにするとよいでしょう。同じ時間、裏表、返して焼きます。 ※日本介護食品協議会の「かたさ」や「粘度」による区分:歯茎でつぶせる

ページの先頭へ戻る

このサイトの写真、イラスト、文章を著作者に無断で転載、使用することは法律で禁じられています。
会社法人、営利目的等でご利用を希望される場合は、必ずこちらからお問い合わせください。

料理レシピや写真・画像のご利用について

料理コンテンツの提案をご検討中の代理店、印刷会社の方へ「レシピレンタル」