注目キーワード
ピーマン
ホットケーキミックス
きゅうり
梅干し
トマト
やわらか食
厚揚げ
鶏むね肉
しし唐辛子
青じそ

にら入り水餃子レシピ

116Kcal(1人分換算)

にら入り水餃子

  • 印刷する
管理栄養士コメント
にらは、疲労回復の働きをするビタミンB1を多く含み、さらにビタミンB1を体内に長くとどめて効力を持続させる硫化アリルが含まれているので、体力作りに取り入れたい食材です。

116Kcal

1人分換算
脂質 3.7g
糖質 13g
塩分(食塩相当量) 0.8g
コレステロール 9mg
ビタミンD 0μg
ビタミンB2 0.15mg

全ての栄養素を見る

燃焼レベル

スキー 20分

スキー

レシピの栄養価グラフ
  • たんぱく質
  • 食物繊維
  • カルシウム
  • 鉄
  • ビタミンA
  • ビタミンB1
  • ビタミンC

※数値については成人女性30~49歳の参考値にて算出
※1日3食、1食3~4品で均等割+αで算出

材料

6人分

  • 豚ひき肉70g
  • にら30g
  • 白菜100g
  • 大さじ2
  • 少々
  • (A)
  • ・薄力粉50g
  • ・強力粉50g
  • ・塩少々
  • ・水50ml
  • (B)
  • ・酒小さじ1
  • ・しょうゆ小さじ1
  • ・砂糖小さじ1
  • ・こしょう少々
  • ・片栗粉少々
  • ・ごま油小さじ1/3
  • サラダ油適量
  • しょうが(皮)適量
  • 長ねぎの青い部分適量
  • (C)
  • ・鶏がらスープ3カップ
  • ・紹興酒小さじ1
  • ・塩少々
  • ・こしょう少々

作り方

  1. 1

    ボウルに(A)の粉と塩をふるい入れ、水を少しずつ加えてなめらかになるまでこねます。ラップで包み、約30分休ませます。

  2. 2

    にらは小口切り、白菜はゆでてみじん切りにし、水気をしっかり絞ります。

  3. 3

    豚ひき肉に塩を加えてねばりが出るまで練り、水を少しずつ加えてさらに練ります。(B)を順に加えて混ぜ、(2)を加えてさらに混ぜます。

  4. 4

    (1)を棒状にして12等分に切り分け、めん棒で丸くのばして(手のひらより少し大きめ)、(3)を中央にのせて半分に折りたたみます。両手の親指でとじ目をしっかりと押さえます。

  5. 5

    沸騰した湯に(4)を入れ、中火でゆでます。浮いてきて表面に弾力が出ればゆで上がりです(約5分)。

  6. 6

    鍋にサラダ油を熱し、しょうがの皮、長ねぎを少し焦げるまで炒めます。しょうがの皮と長ねぎを取り出し、(C)を加えて温めます。水気を切った(5)とともに器に盛ります。

ワンポイントアドバイス

水餃子はお好みで、たれをつけてもよいでしょう。材料:濃口しょうゆ(大さじ2)、酢(小さじ1)、甜麺醤・芝麻醤(各大さじ1)、にんにく(みじん切り)(小さじ1)、ラー油(適量)。(5)の時、コンロ調理タイマーを使うと便利です。

大阪ガスクッキングスクール

ページの先頭へ戻る

このサイトの写真、イラスト、文章を著作者に無断で転載、使用することは法律で禁じられています。
会社法人、営利目的等でご利用を希望される場合は、必ずこちらからお問い合わせください。

料理レシピや写真・画像のご利用について