注目キーワード
鍋物
かぶ
鶏ひき肉
夜食
ほうれん草
れんこん
いちご
菜の花
受験カツ
酒粕

さんまのポワレ焦がしバターのソース添えレシピ

541Kcal(1人分換算)

さんまのポワレ焦がしバターのソース添え

  • 携帯に送る
  • 印刷する
管理栄養士コメント
さんまには脳細胞を活性化させるDHAや、貧血予防に効果的なビタミンB12、不足しやすいカルシウムやカルシウムの吸収を助けるビタミンDなどが多く含まれています。

541Kcal

1人分換算
脂質 46.8g
糖質 11.3g
塩分(食塩相当量) 1g
コレステロール 103mg
ビタミンD 11.1μg
ビタミンB2 0.23mg

全ての栄養素を見る

燃焼レベル

バレーボール 97分

バレーボール

レシピの栄養価グラフ
  • たんぱく質
  • 食物繊維
  • カルシウム
  • 鉄
  • ビタミンA
  • ビタミンB1
  • ビタミンC

※数値については成人女性30~49歳の参考値にて算出
※1日3食、1食3~4品で均等割+αで算出

材料

2人分

作り方

  1. 1

    さんまは片身を半分に切り、塩、こしょうをして薄く強力粉をまぶします。

  2. 2

    フライパンにサラダ油を入れて熱し、(1)を皮目から焼いて取り出します。

  3. 3

    イタリアンパセリは粗みじんに切り、トマトは湯むきをして種を取り、5mm角に切ります。

  4. 4

    フライパンにバターを入れて火にかけます。色付いてくればすぐにレモン果汁を加え、(3)とローストした松の実を加えて塩、こしょうで味を調えます。

  5. 5

    千切りにしたごぼうを水にさらしてアクを抜き、水気をよく切って塩、コーンスターチをまぶします。

  6. 6

    温めた揚げ油の中に(5)をばらしながら入れ、キツネ色になるまで揚げます(180℃)。

  7. 7

    器にさんまを置き、(4)をかけてごぼうを添えます。

ワンポイントアドバイス

さんまの皮目を色よく香ばしく焼き、身は焼き過ぎないようにしましょう。ごぼうの水気をしっかり切ってコーンスターチをまぶしましょう。カリッとした食感に仕上がります。(2)の工程の時、温度キープ機能を使うと便利です(200℃)。(6)の工程の時、温度キープ機能を使うと便利です(180℃)。

大阪ガスクッキングスクール

ページの先頭へ戻る

このサイトの写真、イラスト、文章を著作者に無断で転載、使用することは法律で禁じられています。
会社法人、営利目的等でご利用を希望される場合は、必ずこちらからお問い合わせください。

料理レシピや写真・画像のご利用について