注目キーワード
りんご
いも
しめじ
かぼちゃ
ハロウィン
やわらか食
美肌
介護食

ヘルシーゴーヤーチャンプルーレシピ

164Kcal(1人分換算)

ヘルシーゴーヤーチャンプルー

  • 印刷する
管理栄養士コメント
ゴーヤーの栄養的な特徴はビタミンCを多く含むことです。このメニューで一日の必要量の1/3以上とることができます。ビタミンCはメラニン色素の生成と沈着を予防し、シミやそばかすを防ぐ働きがあります。卵に豊富なビタミンB2は細胞の代謝を促し、健康な肌や髪を作るのに役立ちます。肌が紫外線の影響を受けやすい夏には特にお勧めの組み合わせです。

164Kcal

1人分換算
脂質 11.8g
糖質 2.3g
塩分(食塩相当量) 1.2g
コレステロール 105mg
ビタミンD 0.5μg
ビタミンB2 0.19mg

全ての栄養素を見る

燃焼レベル

バドミントン 27分

バドミントン

レシピの栄養価グラフ
  • たんぱく質
  • 食物繊維
  • カルシウム
  • 鉄
  • ビタミンA
  • ビタミンB1
  • ビタミンC

※数値については成人女性30~49歳の参考値にて算出
※1日3食、1食3~4品で均等割+αで算出

材料

4人分

  • ゴーヤー1本(200g)
  • ひとつまみ
  • 木綿豆腐1丁(300g)
  • 生しいたけ4枚
  • 長ねぎ1/2本
  • 2個
  • (調味料)
  • ・酒大さじ1
  • ・鶏がらスープの素(顆粒)小さじ1/3
  • ・塩小さじ1/3
  • ・こしょう少々
  • ・水大さじ3
  • サラダ油大さじ2

作り方

  1. 1

    ゴーヤーは縦半分に割り、種とわたをスプーンで除き、3mmの厚さに薄切りします。

  2. 2

    豆腐はペーパータオルに包んで水切りをします。

  3. 3

    生しいたけは石突きを切り落とし、千切りにします。

  4. 4

    長ねぎは1cmの幅の斜め切りにします。

  5. 5

    調味料は混ぜ合わせておきます。

  6. 6

    中華鍋にサラダ油を熱して、塩、ゴーヤーを入れて炒め、ゴーヤーの色が鮮やかになったら、長ねぎ、生しいたけの順に加えて炒め、豆腐を手で割りながら加えます。

  7. 7

    全体を混ぜ合わせ、(5)の調味料を加えて調味し、溶き卵を回し入れ、大きく炒め合わせます。

ワンポイントアドバイス

栄養満点のゴーヤーを使った沖縄料理の定番!ゴーヤーを塩少々で炒めることで、色鮮やかになります。苦味が苦手な方は薄めに切ると油やその他の素材となじみやすくなり、苦味がやわらぎます。

ページの先頭へ戻る

このサイトの写真、イラスト、文章を著作者に無断で転載、使用することは法律で禁じられています。
会社法人、営利目的等でご利用を希望される場合は、必ずこちらからお問い合わせください。

料理レシピや写真・画像のご利用について

料理コンテンツの提案をご検討中の代理店、印刷会社の方へ「レシピレンタル」