15507.jpg

切り干し大根と小松菜の梅肉和え

115Kcal(1人分換算)
20-30

管理栄養士コメント

小松菜には、肌の潤いを保つ働きのあるビタミンAが豊富に含まれています。ビタミンAが不足すると肌の潤いがなくなり、肌が荒れやすくなるので、乾燥する季節に食べたい食材です。

材料(4人分)

切り干し大根
50g
小松菜
1/2束
ハム
4枚
こんにゃく
1/2枚
ごま油
小さじ1・1/2
(A)
・だし汁
1カップ
・酒
大さじ1
・しょうゆ
大さじ1
・塩
少々
(B)
・レモン汁
小さじ1
・すりごま(白)
大さじ1
・梅肉
大さじ1

作り方

  1. 1.切り干し大根は水を2〜3回取りかえて洗い、ごみや汚れを取ります。ボウルにひたひたになるぐらいの水を入れて、10分ぐらいつけて戻します。しっかり水気を切って3〜4cmの長さに切ります。
  2. 2.こんにゃくはゆでて、3〜4cmの千切りにします。小松菜も下ゆでし、こんにゃくと同じ長さに切ります。ハムも千切りにします。
  3. 3.フライパンにごま油を熱し、(1)の切り干し大根と(2)のこんにゃくを炒めます。そこへ(A)を加え、(2)の小松菜も加え、中火で、ほとんどだし汁が無くなるまで炒り煮をします。
  4. 4.(B)を合わせて和え衣を作ります。
  5. 5.ボウルに(3)とハムを入れ、(4)の和え衣で和えて器に盛ります。

ワンポイントアドバイス

こんにゃくを一度ゆでてから使うのは、石灰臭さをとるためでもあります。他の食材と一緒にゆでると臭みが移ってしまいますので、面倒でもこんにゃくだけ別にゆで、ゆでたお鍋は一度洗ってから調理に使いましょう。

【栄養価(1人分換算)】

エネルギー(kcal) 115
たんぱく質(g) 5.9
脂質(g) 5.3
炭水化物(g) 12
糖質(g) 7.7
食物繊維(g) 4.3
塩分(食品相当量)(g) 2.3
カルシウム(mg) 155
鉄(mg) 1.8
カリウム(mg) 732
亜鉛(mg) 0.7
ビタミンE(mg) 0.4
ビタミンB1(mg) 0.21
ビタミンC(mg) 27
コレステロール(mg) 8
ビタミンB6(mg) 0.15
ビタミンB12(μg) 0.2
葉酸(μg) 66
エネルギー(kcal)115カリウム(mg)732
たんぱく質(g)5.9亜鉛(mg)0.7
脂質(g)5.3ビタミンE(mg)0.4
炭水化物(g)12ビタミンB1(mg)0.21
糖質(g)7.7ビタミンC(mg)27
食物繊維(g)4.3コレステロール(mg)8
塩分(食品相当量)(g)2.3ビタミンB6(mg)0.15
カルシウム(mg)155ビタミンB12(μg)0.2
鉄(mg)1.8葉酸(μg)66

この「レシピ」のキーワード

レシピレンタルはこちら