15711.jpg

クリスマスケーキ いちごショート

430Kcal(1/6切れ分換算)
60分以上

管理栄養士コメント

いちごやラズベリー、ブルーベリーなどの赤い色素成分アントシアニンは抗酸化作用があり、アンチエイジングに役立つとされるほか、視神経の働きを活性化し、視力回復の働きがあるとされています。

材料(直径15cm丸型1台分)

(基本のスポンジケーキ・直径15cm)
・卵
2個
・砂糖
60g
・水あめ
小さじ1
・水
小さじ2
・薄力粉
60g
・バター(無塩)
20g
・バター(無塩・塗り用)
少々
・強力粉
少々
生クリーム
300ml
グラニュー糖
15g
いちご
20個
ラズベリー
10〜15個
ブルーベリー
10〜15個
(シロップ)
・水
大さじ2
・砂糖
大さじ1
・キルシュワッサー
小さじ2
(寒天液)
※作りやすい分量
・寒天
1g
・水
100ml
・砂糖
大さじ2
チョコプレート
1枚
チャービル
少々

作り方

  1. (スポンジケーキを作ります)
  2. 1.薄力粉はふるっておき、卵は常温に戻します。バターを器に入れ、熱いくらいに湯せんしておきます。
  3. 2.型の側面に型塗り用のバターを薄く塗り、一旦冷蔵庫で冷やします。強力粉をふって余分な粉を落とします。底にはひと回り小さく切った紙を敷き、再度冷蔵庫で冷やしておきます。
  4. 3.ボウルに卵を入れ、ハンドミキサーの低速でときほぐしてから、40℃くらいの湯を張った鍋にのせ、最高速で泡立てます。鍋は火にかけておき、お湯の温度が徐々に上がるようにします。(40℃はちょっとぬるいくらいの温度(お風呂くらい)と考えてください)
  5. 4.軽く泡立ったら、2回に分けて砂糖、続いて水あめを加え、湯せんしたままさらに泡立てます。生地が40℃、お湯の温度が60℃くらいで湯せんからはずし、冷めるまでさらに泡立て続けます。泡立て器を持ち上げたときに、泡だて器の中に泡がこもって落ちにくい状態になるまでが泡立てます。(60℃は、触ると少し熱いと感じるくらいです。)
  6. 5.水(常温もしくは冷水)を加え、泡立て器で全体を混ぜたら、ふるった粉をもう一度ふるいにかけながら半量入れます。泡立て器を底からすくうように持ち上げて、生地をふり落としながら合わせていきます。残りの粉も同様にして合わせ、粉が見えなくなるまでくり返します。
  7. 6.(1)の熱いくらいに湯せんしたバターを小さじ1ずつ表面に散らし入れ、泡立て器で生地をすくってバターの上に広く落としながら、バターを生地の間にはさむように加え、バターの筋が多少残って見えるくらいまで混ぜます。
  8. 7.最後にゴムベラで全体を合わせて、型の中心から一気に流し入れます。最後に底の方にたまっていた生地は、なるべく型の縁の方に入れます。表面にたっぷりと霧吹きをして、170℃に予熱したオーブンで25分ほど焼きます。
  9. ★焼き上がったら、しぼみを抑えるため、台の上30cmくらいの高さからトンと落とします。表面に網を当てて逆さにして型をはずし、再びひっくり返して表面を上にします。粗熱が取れたら、もう一度表面を下にして完全に冷ました後、ビニール袋等に入れて乾燥を防ぎます。
  10. (デコレーションをします)
  11. 8.シロップを作ります。器に水、砂糖を入れてよく混ぜます。電子レンジ(600W)で30秒ほど加熱して砂糖を溶かし、キルシュワッサーを加えて混ぜます。
  12. 9.半量の生クリーム(150ml)とグラニュー糖(7g)をボウルに入れ、底を氷水につけながら、泡立て器で八分立て(ツノがピンと立つくらいまで)に泡立てます。
  13. ★生クリームを泡立てるときは、クリーム全体が冷えるようにボウルを氷水に当てます。いろいろな生クリームがありますが、乳脂肪分45%くらいのものが扱いやすいでしょう。
  14. 10.いちご10個はヘタを取り、薄くスライスして水気をふき取ります。冷ましたスポンジケーキを3等分に切り、1番下のスポンジの表面にハケでシロップを塗ります。(スポンジケーキがしっとりしたと思った場合は、シロップを控えめにしてください。)
  15. 11.シロップを塗ったスポンジケーキの上に生クリームをのせてならします。スライスしたいちごを並べ、もう一度生クリームをのせてならしたら、2枚目のスポンジケーキをのせます。2枚目も同様にして、3枚目のスポンジケーキをのせたら、表面にシロップを塗ります。
  16. ★いちごを含め、フルーツをカットすると水分が出てきます。水分があると、生クリームがゆるくなってしまうので、しっかりとふき取ってから使うようにしましょう。
  17. 12.ボウルに残りの生クリーム(150ml)とグラニュー糖(8g)を入れ、底を氷水につけながら、七分立て(ゆっくりと流れ落ちるくらいのかたさ)に泡立てます。
  18. 13.(12)で泡立てた生クリームを、(11)の生地の上から流して側面から流れ落ちさせ、パレットナイフで表面と側面をきれいにならし、生クリームを安定させるために冷蔵庫で一旦冷やします。
  19. ★生クリームの泡立て過ぎに注意してください。また、生クリームを表面に塗るときは、パレットナイフを斜めに当て、回転台を動かして、なるべく1回転で塗り上げましょう。
  20. 14.寒天液を作ります。鍋に材料を全て入れ、かき混ぜながら火にかけます。沸騰して3分ほど煮たら火から下ろし、粗熱が取れるまで置いておきます。(13)の一旦冷やしておいたケーキを冷蔵庫から取り出し、いちご、ラズベリー、ブルーベリーを飾り、寒天液をハケで塗ります。仕上げにチョコプレートとチャービルを飾ります。
  21. ★寒天は常温になるとかたまってしまうので、少し温かいくらいで塗ります。寒天液は多めにできあがります。使う分だけ取り分けて、残りは冷蔵庫で保存して、早めに使い切りましょう。

ワンポイントアドバイス

いちごやベリーを使ったショートケーキは、定番のクリスマスデコレーションです。生クリームをきれいに塗るのはなかなか難しいですが、実は生クリームの泡立て加減が仕上げを左右します。表面に塗る場合は7分立て、サンドする場合は8分立て、絞る場合は9分立てが目安です。生クリームは触れば触るほどツヤがなくなってしまうので、いい状態で手早く仕上げることが大切。生クリームにも様々な種類があるので、使う場所によって使い分けてもよいでしょう。

【栄養価(1/6切れ分換算)】

エネルギー(kcal) 430
たんぱく質(g) 4.7
脂質(g) 30
炭水化物(g) 33.5
糖質(g) 32.1
食物繊維(g) 1.4
塩分(食品相当量)(g) 0.1
カルシウム(mg) 52
鉄(mg) 0.6
カリウム(mg) 142
亜鉛(mg) 0.5
ビタミンE(mg) 1
ビタミンB1(mg) 0.05
ビタミンC(mg) 19
コレステロール(mg) 144
ビタミンB6(mg) 0.04
ビタミンB12(μg) 0.3
葉酸(μg) 36
エネルギー(kcal)430カリウム(mg)142
たんぱく質(g)4.7亜鉛(mg)0.5
脂質(g)30ビタミンE(mg)1
炭水化物(g)33.5ビタミンB1(mg)0.05
糖質(g)32.1ビタミンC(mg)19
食物繊維(g)1.4コレステロール(mg)144
塩分(食品相当量)(g)0.1ビタミンB6(mg)0.04
カルシウム(mg)52ビタミンB12(μg)0.3
鉄(mg)0.6葉酸(μg)36

この「レシピ」のキーワード

レシピレンタルはこちら