16854.jpg

鶏レバーとほうれん草の卵とじ

203Kcal(1人分換算)
60分以上

管理栄養士コメント

レバーは鉄分だけでなく、葉酸やビタミンB12、たんぱく質も豊富に含んでおり、貧血予防に最適。ほうれん草にも鉄分、葉酸が多く、鉄の吸収を促すビタミンCも豊富な為、相乗して鉄欠乏を防ぐことのできる万能レシピです。

材料(4人分)

鶏レバー
250g
(A)
・酒
適量
・しょうが(おろし)
小さじ1
しょうが(千切り)
15g
だし汁(かつお・昆布)
3/4カップ
1/4カップ
みりん
1/2カップ
砂糖
大さじ1・1/2
しょうゆ
大さじ1・1/2
ほうれん草
1束
片栗粉
小さじ1
小さじ1
1個

作り方

  1. 1.レバーはひと口サイズに切り、もむように水洗いして血のかたまりを洗い流します。ボウルにレバー、(A)のおろししょうがと、酒をひたひたになるまで加えて30分〜1時間程度漬け込み、血抜きをします。
  2. 2.(1)のレバーをボウルから取り出し、沸いたお湯に加え軽く混ぜながら再沸騰したら水に取り、水を流しながらきれいに洗います。
  3. 3.だし汁、酒、砂糖、みりんを合わせて中火で沸かしてレバーを入れ、もう一度沸いたらごく弱火にして5分煮ます。
  4. 4.しょうゆとしょうがの千切りを加え、そのまま2分加熱します。
  5. 5.煮汁に漬けたまま粗熱を取り、冷蔵庫で完全に冷えるまで寝かせます。
  6. 6.ほうれん草は塩(分量外)を加えた熱湯で2分ほどやわらかくゆで、冷水に取って冷やしてから水気を絞り、ひと口サイズに切っておきます。
  7. 7.鍋に(5)の煮汁だけを入れて沸かし、沸いてからレバーとほうれん草を加えて再沸騰させます。
  8. 8.水溶き片栗粉でとろみを付け、溶いた卵を入れてふんわりと混ぜ、余熱で火を通し、盛り付けます。

ワンポイントアドバイス

レバーは何度も洗いながら丁寧に血抜きをすることで臭みがとれます。ごく弱火で煮すぎず、汁ごと冷やして旨みと水分をしっかりレバーに戻すことで、独特のざらついた食感が無く、しっとりと、のどごし良く仕上がります。※日本介護食品協議会の「かたさ」や「粘度」による区分:容易にかめる

【栄養価(1人分換算)】

エネルギー(kcal) 203
たんぱく質(g) 15.2
脂質(g) 3.4
炭水化物(g) 19.9
糖質(g) 18.5
食物繊維(g) 1.4
塩分(食品相当量)(g) 1.2
カルシウム(mg) 36
鉄(mg) 6.9
カリウム(mg) 599
亜鉛(mg) 2.6
ビタミンE(mg) 1.3
ビタミンB1(mg) 0.3
ビタミンC(mg) 28
コレステロール(mg) 284
ビタミンB6(mg) 0.51
ビタミンB12(μg) 28
葉酸(μg) 915
エネルギー(kcal)203カリウム(mg)599
たんぱく質(g)15.2亜鉛(mg)2.6
脂質(g)3.4ビタミンE(mg)1.3
炭水化物(g)19.9ビタミンB1(mg)0.3
糖質(g)18.5ビタミンC(mg)28
食物繊維(g)1.4コレステロール(mg)284
塩分(食品相当量)(g)1.2ビタミンB6(mg)0.51
カルシウム(mg)36ビタミンB12(μg)28
鉄(mg)6.9葉酸(μg)915

この「レシピ」のキーワード

レシピレンタルはこちら