16878.jpg

焼きパプリカのとろろ昆布和え

25Kcal(1人分換算)
20-30

管理栄養士コメント

抗酸化作用の高いビタミンA、C、Eを豊富に含んだパプリカに、ミネラル豊富な昆布を加えることで、パプリカの活性酸素から細胞を守り、肌荒れやシワといった肌の老化を防ぎ、若々しい美肌を保たせる効果に加えて、ミネラルが肌や髪に栄養を与え、美肌や発毛を促進する、アンチエイジングに効果的な組み合わせ料理です。

材料(2人分)

パプリカ(赤)
1/2個
パプリカ(黄)
1/2個
とろろ昆布
ひとつまみ
しょうゆ
小さじ1/2
大さじ1

作り方

  1. 1.パプリカの軸を根元ごと、種とワタも取り除きます。
  2. 2.パプリカをグリルの中火で12〜20分、皮が黒くなるまで焼き、粗熱を取ってから焦げた皮をむきます。食感を残したい場合は12分、トロッとやわらかくしたい方は焼き具合いを確認しながら20分程度焼いてください。250℃のオーブンでも同じ時間で焼くことができます。
  3. 3.食べやすい長さで千切りにし、ボウルに入れて、とろろ昆布をよくほぐして混ぜ、水としょうゆを加えてよく和えます。

ワンポイントアドバイス

じっくり焼くことでパプリカは甘味が濃厚でやわらかくなります。皮を黒くなるまで焼いてから取り除くと簡単にむけ、食感がとてもよく仕上がります。パプリカのサイズなどで、焼き具合や時間が異なるので調整してください。焼けていないとむけないので、しっかり黒くなるまで焼きましょう。※日本介護食品協議会の「かたさ」や「粘度」による区分:歯ぐきでつぶせる

【栄養価(1人分換算)】

エネルギー(kcal) 25
たんぱく質(g) 0.9
脂質(g) 0.2
炭水化物(g) 6.2
糖質(g) 4.8
食物繊維(g) 1.4
塩分(食品相当量)(g) 0.3
カルシウム(mg) 13
鉄(mg) 0.3
カリウム(mg) 218
亜鉛(mg) 0.2
ビタミンE(mg) 2.7
ビタミンB1(mg) 0.04
ビタミンC(mg) 128
コレステロール(mg) 0
ビタミンB6(mg) 0.25
ビタミンB12(μg) 0
葉酸(μg) 50
エネルギー(kcal)25カリウム(mg)218
たんぱく質(g)0.9亜鉛(mg)0.2
脂質(g)0.2ビタミンE(mg)2.7
炭水化物(g)6.2ビタミンB1(mg)0.04
糖質(g)4.8ビタミンC(mg)128
食物繊維(g)1.4コレステロール(mg)0
塩分(食品相当量)(g)0.3ビタミンB6(mg)0.25
カルシウム(mg)13ビタミンB12(μg)0
鉄(mg)0.3葉酸(μg)50

この「レシピ」のキーワード

レシピレンタルはこちら