16879.jpg

焼きパプリカのおかかクリームチーズ和え

75Kcal(1人分換算)
20-30

管理栄養士コメント

抗酸化作用の高いビタミンA、C、Eを豊富に含んだパプリカに、良質たんぱく質を含む発酵食品であるチーズを加えることで、たんぱく質が新しいお肌の材料になります。発酵食品が腸内環境を整えて、免疫力を高めパプリカの抗酸化作用を活性化させてくれます。肌の老化を防ぎ、ターンオーバーを促進する美容に役立つお料理です。

材料(2人分)

パプリカ(赤)
1/2個
パプリカ(黄)
1/2個
クリームチーズ
30g
削り節
1袋
しょうゆ
小さじ1

作り方

  1. 1.パプリカの軸を根元ごと、種とワタも取り除きます。
  2. 2.パプリカをグリルの中火で12〜20分、皮が黒くなるまで焼き、粗熱を取ってから焦げた皮をむきます。食感を残したい場合は12分、トロッとやわらかくしたい方は焼き具合いを確認しながら20分程度焼いてください。250℃のオーブンでも同じ時間で焼くことができます。
  3. 3.(2)を1cmの角切りにし、クリームチーズも同じ大きさに切ります。
  4. 4.ボウルにパプリカ、クリームチーズ、削り節、しょうゆを加えてよく和えてできあがりです。

ワンポイントアドバイス

じっくり焼いたパプリカは甘味が出ます。焼けた皮を取り除くとき、水にさらして冷ましてしまうと、味が抜け、水っぽくなってしまうので、粗熱を取るときはそのまま置いておいてください。濃厚な甘味が楽しめます。※日本介護食品協議会の「かたさ」や「粘度」による区分:歯ぐきでつぶせる

【栄養価(1人分換算)】

エネルギー(kcal) 75
たんぱく質(g) 3.1
脂質(g) 5.1
炭水化物(g) 4.4
糖質(g) 3.6
食物繊維(g) 0.8
塩分(食品相当量)(g) 0.6
カルシウム(mg) 16
鉄(mg) 0.4
カリウム(mg) 145
亜鉛(mg) 0.3
ビタミンE(mg) 2
ビタミンB1(mg) 0.04
ビタミンC(mg) 86
コレステロール(mg) 18
ビタミンB6(mg) 0.19
ビタミンB12(μg) 0.3
葉酸(μg) 36
エネルギー(kcal)75カリウム(mg)145
たんぱく質(g)3.1亜鉛(mg)0.3
脂質(g)5.1ビタミンE(mg)2
炭水化物(g)4.4ビタミンB1(mg)0.04
糖質(g)3.6ビタミンC(mg)86
食物繊維(g)0.8コレステロール(mg)18
塩分(食品相当量)(g)0.6ビタミンB6(mg)0.19
カルシウム(mg)16ビタミンB12(μg)0.3
鉄(mg)0.4葉酸(μg)36

この「レシピ」のキーワード

レシピレンタルはこちら