16916.jpg

とうがんとほたてのみぞれ煮

61Kcal(1人分換算)
20-30

管理栄養士コメント

舌でつぶせるやわらかさに仕上げるとうがんの煮物は、ほたてのうま味で味付けて塩分を加えない減塩メニュー。とうがんに豊富に含まれるカリウムが余分な塩分を排出し、高血圧に効果的です。大根おろしは消化がよく、夏バテにも最適です。

材料(4人分)

とうがん
200g
大根(おろし)
1/2カップ
ほたて水煮(缶詰)
1缶
だし汁(かつお・昆布)
2カップ
大さじ2
みりん
大さじ2
青のり粉
適量

作り方

  1. 1.とうがんをひと口サイズに切って皮をむき、鍋にだし汁、酒、みりん、とうがんを加えてから中火にかけ、落としぶたをしてやわらかくなるまで煮ます(約10分)。途中沸いてきたら弱火にします。
  2. 2.落としぶたを取り、大根おろしとほたて缶を汁ごと加えて中火でひと煮立ちさせます。
  3. 3.器に盛り付けて香り付けに青のりをトッピングしてできあがりです。
  4. ※熱々のできたても美味しいですが、よく冷やすと味がなじんでより甘味が強く感じることができ、おすすめです。片栗粉でとろみを付けると、味が濃く感じ、ボリュームも出るので、しっかり味が好きな方には良いでしょう。ほたて缶以外に、ノンオイルのツナやかに缶、ほぐしたかにかまぼこでも同様に作ることができます。

ワンポイントアドバイス

沸いている煮汁ではなく、冷たい煮汁からとうがんを煮ると、芯から均等に加熱でき、煮崩れ防止にもなります。とうがんは、熟れ具合や鮮度などによって、ものにより火の入る時間が大きく異なるので、お箸や竹串で刺してやわらかさを確認しながら煮てください。魚(イノシン酸)と海藻(グルタミン酸)、種類の違ううま味をかけ合わせただし汁に、さらに違う貝類のうま味(コハク酸)を加えることで、相乗効果で何倍にも味わいが深く濃くなり、調味料いらずになります。※日本介護食品協議会の「かたさ」や「粘度」による区分:舌でつぶせる

【栄養価(1人分換算)】

エネルギー(kcal) 61
たんぱく質(g) 4.2
脂質(g) 0.2
炭水化物(g) 7.8
糖質(g) 6.8
食物繊維(g) 1
塩分(食品相当量)(g) 0.3
カルシウム(mg) 28
鉄(mg) 0.4
カリウム(mg) 268
亜鉛(mg) 0.6
ビタミンE(mg) 0.2
ビタミンB1(mg) 0.02
ビタミンC(mg) 22
コレステロール(mg) 11
ビタミンB6(mg) 0.06
ビタミンB12(μg) 0.8
葉酸(μg) 24
エネルギー(kcal)61カリウム(mg)268
たんぱく質(g)4.2亜鉛(mg)0.6
脂質(g)0.2ビタミンE(mg)0.2
炭水化物(g)7.8ビタミンB1(mg)0.02
糖質(g)6.8ビタミンC(mg)22
食物繊維(g)1コレステロール(mg)11
塩分(食品相当量)(g)0.3ビタミンB6(mg)0.06
カルシウム(mg)28ビタミンB12(μg)0.8
鉄(mg)0.4葉酸(μg)24

この「レシピ」のキーワード

レシピレンタルはこちら