40047.jpg

じゃがいものガレットと鯛のサラダ仕立て

223Kcal(1人分換算)
20-30

管理栄養士コメント

鯛のコラーゲンは、豚肉や牛肉のコラーゲンに比べて体内への吸収効率が高いです。皮目にコラーゲンが多いので皮ごと食べ、コラーゲンの吸収を上げてビタミンCが豊富なじゃがいもやレモンと一緒にとるのがお勧めです。

材料(2人分)

じゃがいも
50g
バター
10g
80g
少々
こしょう
少々
強力粉
適量
オリーブ油
大さじ1/2
(A)
・ベビーリーフ
20g
・トレビス
10g
・レタス
20g
(B)
・ワインビネガー(白)
小さじ1
・塩
少々
・こしょう
少々
・EVオリーブ油
大さじ1

作り方

  1. 1.じゃがいもは皮をむいて千切りにし、水にさらさず、溶かしたバターをからめます。※じゃがいもは少しずつ左にずらして重ねて切ると切りやすいです。じゃがいもを水にさらすとデンプンが流出してしまいます。デンプンが接着の役目を果たします。
  2. 2.直径8cmのセルクルで丸く形作り、フライパンで4枚焼きます。焦がさないようにカリッと焼きましょう。
  3. 3.鯛は1人3〜4切れになるように切り、塩、こしょうをし、強力粉をまぶします。オリーブ油をからめてアルミホイルにのせ、水なし両面焼きグリルで焼きます(上下強火 約7分)。
  4. ※アルミホイルにシワを寄せると鯛がくっつきにくく、また余分な油を落とします。鯛は、ボウルなどの別の器に入れて油をからめましょう。アルミホイルに余分な油がたまらないよう注意しましょう。
  5. 4.(A)の野菜はひと口大にちぎり、冷水につけます。(B)をボウルで合わせてドレッシングを作ります。
  6. 5.器に水気を切った(4)の野菜を盛り、(2)、(3)をのせてドレッシングをかけます。

ワンポイントアドバイス

コンロに温度キープ機能があれば、(2)工程を170℃に設定すれば便利です。

【栄養価(1人分換算)】

エネルギー(kcal) 223
たんぱく質(g) 9.3
脂質(g) 16.9
炭水化物(g) 7
糖質(g) 6.2
食物繊維(g) 0.8
塩分(食品相当量)(g) 1.1
カルシウム(mg) 14
鉄(mg) 0.3
カリウム(mg) 347
亜鉛(mg) 0.3
ビタミンE(mg) 1.8
ビタミンB1(mg) 0.17
ビタミンC(mg) 12
コレステロール(mg) 38
ビタミンB6(mg) 0.22
ビタミンB12(μg) 0.6
葉酸(μg) 29
エネルギー(kcal)223カリウム(mg)347
たんぱく質(g)9.3亜鉛(mg)0.3
脂質(g)16.9ビタミンE(mg)1.8
炭水化物(g)7ビタミンB1(mg)0.17
糖質(g)6.2ビタミンC(mg)12
食物繊維(g)0.8コレステロール(mg)38
塩分(食品相当量)(g)1.1ビタミンB6(mg)0.22
カルシウム(mg)14ビタミンB12(μg)0.6
鉄(mg)0.3葉酸(μg)29

この「レシピ」のキーワード

レシピレンタルはこちら