注目キーワード
ズッキーニ
ニラ
介護食
なす
やわらか食
キャベツ
免疫
玉ねぎ
弁当

さんまの棒ずしレシピ

603Kcal(1本分換算)

さんまの棒ずし

  • 印刷する
管理栄養士コメント
さんまは必須アミノ酸をバランスよく含んだ良質のたんぱく質、貧血防止に効果のある鉄分、粘膜を丈夫にするビタミンA、また骨や歯の健康に欠かせないカルシウムとその吸収を助けるビタミンDも多く含んでいます。

603Kcal

1本分換算
脂質 23.9g
糖質 67.4g
塩分(食塩相当量) 3.4g
コレステロール 64mg
ビタミンD 14.6μg
ビタミンB2 0.3mg

全ての栄養素を見る

燃焼レベル

卓球 120分

卓球

レシピの栄養価グラフ
  • たんぱく質
  • 食物繊維
  • カルシウム
  • 鉄
  • ビタミンA
  • ビタミンB1
  • ビタミンC

※数値については成人女性30~49歳の参考値にて算出
※1日3食、1食3~4品で均等割+αで算出

材料

2本分

  • 1合
  • 昆布(5cm角)1枚
  • みりん小さじ1
  • (合わせ酢)
  • ・酢25ml
  • ・砂糖10g
  • ・塩小さじ1/2
  • ・うま味調味料適量
  • さんま2尾
  • 適量
  • 適量
  • しょうが15g

作り方

  1. 1

    米は洗って、ガス炊飯器の炊飯がまに入れ、昆布とみりんを加えて水加減し、約30分間浸漬させ、炊きます。

  2. 2

    合わせ酢の調味料は早めに合わせておきます。

  3. 3

    炊きたての(1)を飯切りに移して昆布を取り出し、(2)を木じゃくしに受けながら、全体にかけます。

  4. 4

    合わせ酢がご飯全体になじむように混ぜます。

  5. 5

    うちわであおいで冷まし、ツヤを出します。

  6. 6

    (5)に、みじん切りにしたしょうがを混ぜ、2等分し、細長く握っておきます。

  7. 7

    さんまは頭を取り、腹開きにし、骨を取ります。塩をふって身をしめます。

  8. 8

    酢洗いし、薄皮を取り除き、酢に漬けてさらに身をしめます(約20分間)。

  9. 9

    ふきんに汁気を取ったさんまをのせ、(6)をのせ、ふきんの上から押さえて形を整え、食べやすい大きさに切り分けます。

ページの先頭へ戻る

このサイトの写真、イラスト、文章を著作者に無断で転載、使用することは法律で禁じられています。
会社法人、営利目的等でご利用を希望される場合は、必ずこちらからお問い合わせください。

料理レシピや写真・画像のご利用について

料理コンテンツの提案をご検討中の代理店、印刷会社の方へ「レシピレンタル」