注目キーワード
りんご
しめじ
大根
鶏もも肉
白菜
ささ身
パーティ
さつまいも
むね肉

かぶら鍋レシピ

127Kcal(1人分換算)

かぶら鍋

  • 携帯に送る
  • 印刷する
管理栄養士コメント
かぶは、消化を助ける酵素のジアスターゼを多く含んでいます。胃腸の調子がよくない時にはうれしい食材です。ジアスターゼの働きをより効果的にするには、すりおろしたかぶを加えてからあまり煮込まないことです。

127Kcal

1人分換算
脂質 1.8g
糖質 6.3g
塩分(食塩相当量) 1.2g
コレステロール 44mg
ビタミンD 0.8μg
ビタミンB2 0.2mg

全ての栄養素を見る

燃焼レベル

カヌー 25分

カヌー

レシピの栄養価グラフ
  • たんぱく質
  • 食物繊維
  • カルシウム
  • 鉄
  • ビタミンA
  • ビタミンB1
  • ビタミンC

※数値については成人女性30~49歳の参考値にて算出
※1日3食、1食3~4品で均等割+αで算出

材料

4人分

  • かぶ500g
  • たら(切り身)300g
  • 絹ごし豆腐200g
  • 水菜100g
  • 小さじ1~2
  • (A)
  • ・だし汁1L
  • ・しょうゆ大さじ3
  • ・酒大さじ3・1/2
  • ・塩小さじ1/2
  • 三つ葉40g
  • ゆず適宜

作り方

  1. 1

    かぶは皮を厚めにむき、おろして軽く水気を切っておきます。たらは食べやすい大きさに切り、酒をふります。豆腐はやっこに切り、水菜は2~3cmの長さに切ります。

  2. 2

    土鍋に(A)の材料を入れて火にかけ、温めます。水気をふき取ったたらを入れ、サッと火を通してから、豆腐と水菜を加えます。(途中アクが出てきたら取ります。)

  3. 3

    (2)に(1)のかぶを入れ、全体が温まったら仕上げに、食べやすい長さに切った三つ葉を散らします。

  4. 4

    お好みでゆずを絞りながらいただきます。

ワンポイントアドバイス

真っ白でシンプルなお鍋ですが、たらのうま味やかぶらの甘味が存分に味わえ、身体の芯から温まります。油などを使わず、低カロリー・低脂質のお鍋であっさりとヘルシーにいただけます。京都の郷土料理でもあります。

ページの先頭へ戻る

このサイトの写真、イラスト、文章を著作者に無断で転載、使用することは法律で禁じられています。
会社法人、営利目的等でご利用を希望される場合は、必ずこちらからお問い合わせください。

料理レシピや写真・画像のご利用について