注目キーワード
りんご
しめじ
大根
鶏もも肉
白菜
ささ身
パーティ
さつまいも
むね肉

ラムの串焼きレシピ

473Kcal(1人分換算)

ラムの串焼き

  • 携帯に送る
  • 印刷する
管理栄養士コメント
羊肉に多く含まれアミノ酸の一種であるカルニチンは、脂肪を燃やす効果があると注目されています。人の体内でも作られますが、老化に伴って合成量は減っていくので、ぽっこりお腹が気になる方にお勧めです。

473Kcal

1人分換算
脂質 37.6g
糖質 2.9g
塩分(食塩相当量) 1g
コレステロール 81mg
ビタミンD 0.1μg
ビタミンB2 0.37mg

全ての栄養素を見る

燃焼レベル

手洗いで洗濯 170分

手洗いで洗濯

レシピの栄養価グラフ
  • たんぱく質
  • 食物繊維
  • カルシウム
  • 鉄
  • ビタミンA
  • ビタミンB1
  • ビタミンC

※数値については成人女性30~49歳の参考値にて算出
※1日3食、1食3~4品で均等割+αで算出

材料

4人分

  • ラム肉(ブロック)500g
  • (A)
  • ・塩少々
  • ・こしょう少々
  • ・にんにく(おろし)1片分
  • (B)
  • ・ミントの葉(またはバジル)20g
  • ・サラダ油大さじ4
  • ・レモン汁小さじ1
  • ・塩少々
  • ・こしょう少々
  • ・しょうゆ少々
  • サラダ油大さじ3・1/2
  • なす2本
  • (添え物)
  • ・ラディッシュ適量
  • ・レモン適量

作り方

  1. 1

    ラム肉は2~3cmの厚さのひと口大に切り、(A)で下味を付けます。

  2. 2

    ミント(またはバジル)の葉は飾り用に少し残して、残りはみじん切りにします。(B)のサラダ油にレモン汁、塩、こしょう、しょうゆを混ぜ、みじん切りのミントの葉を加えて、ハーブソースを作ります。(フレッシュハーブが無い時は乾燥ハーブのホールタイプを使います)

  3. 3

    なすは輪切りにし、水に放してアク抜きをします。水気を十分に取ります。

  4. 4

    (1)のラム肉と(3)のなすを交互に串に刺します。フライパンにサラダ油を半量入れ、火にかけ、串を並べて焼きます。※なすが油を吸うので、少しずつサラダ油を足しながら、なすがやわらかくなるまで焼きます。

  5. 5

    焼き上がった串を器に盛り、(2)のハーブソースをかけます。(2)の飾り用のミントの葉、半分に切ったラディッシュ、薄切りにしたレモンを添えます。

ワンポイントアドバイス

ラム肉の表面をきれいな茶色になるまで焼きます。肉のやわらかさを損なわないために、焼き過ぎないようにします。

ページの先頭へ戻る

このサイトの写真、イラスト、文章を著作者に無断で転載、使用することは法律で禁じられています。
会社法人、営利目的等でご利用を希望される場合は、必ずこちらからお問い合わせください。

料理レシピや写真・画像のご利用について