注目キーワード
とうもろこし
なす
トマト
ピーマン
豚肉
しょうが
豆腐
オクラ
ひんやり麺
めんつゆ

青のりの粉ふきいもレシピ

92Kcal(1人分換算)

青のりの粉ふきいも

  • 携帯に送る
  • 印刷する
管理栄養士コメント
桜えびにはカルシウム、青のり粉にはカリウムやカルシウム、鉄分などのミネラルが豊富に含まれています。どちらも保存がきく食材なので、常備しておくと手軽にミネラル補給ができて便利です。

92Kcal

1人分換算
脂質 3.2g
糖質 12.5g
塩分(食塩相当量) 0.3g
コレステロール 14mg
ビタミンD 0μg
ビタミンB2 0.04mg

全ての栄養素を見る

燃焼レベル

バーベル 11分

バーベル

レシピの栄養価グラフ
  • たんぱく質
  • 食物繊維
  • カルシウム
  • 鉄
  • ビタミンA
  • ビタミンB1
  • ビタミンC

※数値については成人女性30~49歳の参考値にて算出
※1日3食、1食3~4品で均等割+αで算出

材料

4人分

  • じゃがいも(男爵)小3個
  • 桜えび大さじ2~3
  • (A)
  • ・昆布茶小さじ1
  • ・ごま油大さじ1
  • ・青のり粉小さじ2
  • サラダ菜適量

作り方

  1. 1

    粉ふきいもを作ります。じゃがいもは皮をむいてサッと水につけ、4~6つの乱切りにします。

  2. 2

    鍋に、じゃがいもがかぶるぐらいの水を入れ、強火で水からゆでます。沸騰したら火を弱めて、竹串が刺さる程度までゆでます。

  3. 3

    ゆで汁を捨て、鍋をもう一度火にかけて、ゆすりながら、完全に水気が無くなるまで水気をとばします。表面がデンプン質の粉で白く粉がふいた状態になったら、火を止めます。

  4. 4

    (3)のじゃがいもをボウルに入れ、(A)の昆布茶とごま油、青のり粉を入れて混ぜ合わせます。

  5. 5

    (4)のじゃがいもをサラダ菜を敷いた器に盛り、フライパンでカリッとさせた桜えびを散らします。

ワンポイントアドバイス

桜えびの代わりにスライスハムやサラミソーセージを細切りにしても。

ページの先頭へ戻る

このサイトの写真、イラスト、文章を著作者に無断で転載、使用することは法律で禁じられています。
会社法人、営利目的等でご利用を希望される場合は、必ずこちらからお問い合わせください。

料理レシピや写真・画像のご利用について