注目キーワード
白菜
大根
かぶ
長ねぎ
鍋物
フライパンひとつ
バレンタイン
鶏むね肉
長いも

水餃子レシピ

248Kcal(1人分換算)

水餃子

  • 携帯に送る
  • 印刷する
管理栄養士コメント
豚肉は糖質代謝に働くビタミンB1、にらはビタミンB1の吸収を助けるアリシンを含み、スタミナアップに役立つ組み合わせです。また、えびに含まれるタウリンは、肝臓の働きを助けるので、いっそう効果が期待できるメニューです。

248Kcal

1人分換算
脂質 8g
糖質 25.9g
塩分(食塩相当量) 2.6g
コレステロール 61mg
ビタミンD 0.1μg
ビタミンB2 0.14mg

全ての栄養素を見る

燃焼レベル

ネットサーフィン 171分

ネットサーフィン

レシピの栄養価グラフ
  • たんぱく質
  • 食物繊維
  • カルシウム
  • 鉄
  • ビタミンA
  • ビタミンB1
  • ビタミンC

※数値については成人女性30~49歳の参考値にて算出
※1日3食、1食3~4品で均等割+αで算出

材料

4人分

  • 豚ひき肉100g
  • むきえび100g
  • キャベツ100g
  • にら1/2束
  • 長ねぎ1/2本
  • しょうが(おろし)小さじ1
  • 少々
  • こしょう少々
  • しょうゆ大さじ1
  • ごま油小さじ2
  • 片栗粉大さじ1
  • 餃子の皮24枚
  • (つけだれ)
  • ・ぽん酢しょうゆ1/2カップ
  • ・酢大さじ1
  • ・ラー油適量
  • 青ねぎ適量

作り方

  1. 1

    むきえびは塩を少し入れた水で洗い、水気を切ってから、包丁でやや細かくたたきます。キャベツはみじん切りにしてから塩でもみ、5分くらい置いてから水気を絞ります。にらは細かく刻み、長ねぎはみじん切りにします。

  2. 2

    ボウルに豚ひき肉、えびを合わせます。しっかり練ってねばりが出るまで混ぜ合わせます。キャベツ、にら、長ねぎ、しょうがを入れ、しっかり合わせて塩、こしょう、しょうゆ、ごま油、片栗粉を加えて練り合わせておきます。

  3. 3

    餃子の皮に(2)をのせて包み、たっぷりの熱湯を沸かし、泳がすようにゆでます。餃子が浮いてきたら差し水(1カップ)をし、弱火にして再び餃子が浮かんでくるまでゆでます。つけだれの調味料を合わせておきます。

  4. 4

    餃子を網じゃくしですくい、器に盛ります。小口切りにした青ねぎを散らし、つけだれを添えます。

ワンポイントアドバイス

本場中国では餃子と言えば水餃子をさします。焼き餃子とは違った味や、食感が楽しめます。

ページの先頭へ戻る

このサイトの写真、イラスト、文章を著作者に無断で転載、使用することは法律で禁じられています。
会社法人、営利目的等でご利用を希望される場合は、必ずこちらからお問い合わせください。

料理レシピや写真・画像のご利用について