注目キーワード
りんご
しめじ
大根
鶏もも肉
白菜
ささ身
パーティ
さつまいも
むね肉

きんぴら春巻きレシピ

364Kcal(1人分換算)

きんぴら春巻き

  • 携帯に送る
  • 印刷する
管理栄養士コメント
オイスターソースは、コクを与えておいしさをパワーアップさせ、一般家庭でも手軽に使える調味料です。原料となるかきは、栄養的にも優れていて、アミノ酸、鉄分、カルシウム、亜鉛などを多く含みます。

364Kcal

1人分換算
脂質 25.1g
糖質 23.6g
塩分(食塩相当量) 2.2g
コレステロール 15mg
ビタミンD 0.1μg
ビタミンB2 0.08mg

全ての栄養素を見る

燃焼レベル

ボウリング 123分

ボウリング

レシピの栄養価グラフ
  • たんぱく質
  • 食物繊維
  • カルシウム
  • 鉄
  • ビタミンA
  • ビタミンB1
  • ビタミンC

※数値については成人女性30~49歳の参考値にて算出
※1日3食、1食3~4品で均等割+αで算出

材料

4人分

  • (基本のきんぴらごぼう)200g※作りやすい分量(550g)
  • ・ごぼう200g
  • ・にんじん50g
  • ・豚バラ肉(薄切り)100g
  • ・サラダ油小さじ2
  • ・ごま油小さじ1
  • ・酒大さじ2
  • ・砂糖大さじ3
  • ・しょうゆ大さじ3
  • ・だし汁大さじ3
  • ・みりん大さじ2
  • ・赤唐辛子1本
  • ・いりごま(白)適量
  • ベーコン2枚
  • 生しいたけ2枚
  • サラダ油小さじ2
  • オイスターソース小さじ2
  • 春巻きの皮8枚
  • 水溶き片栗粉適量
  • 揚げ油適量
  • パセリ1枝
  • トマトケチャップ適宜
  • 練りからし適宜

作り方

  1. (きんぴらごぼうを作ります)

  2. 1

    ごぼうは洗って皮をこそげ落とし、5cmの長さのマッチ棒くらいに切り、水にさらしてアクを抜きます。にんじんはやや太めの細切り、豚肉は5mm幅の細切り、赤唐辛子は種を取って輪切りにします。

  3. 2

    フライパンを熱してサラダ油、ごま油をなじませ、豚肉を入れて炒め、色が変わったところで、しっかり水気を切ったごぼう、にんじんを加えて炒めます。しんなりしてきたら酒をフライパンの縁から回し入れ、汁気が無くなったら砂糖、しょうゆ、だし汁を加え、混ぜながら中火で煮ます。

  4. 3

    煮詰まってきたらみりん、赤唐辛子を加え、やや火を強めてフライパンをあおりながら照りを出し、仕上げにいりごまをふります。

  5. ※前もってきんぴらごぼう(調理時間外)作っておき、できあがりのうち、200gをここで使用します。

  6. 4

    ベーコンは5mm幅に細切りにします。生しいたけは横半分に切り、やや太めの細切りにします。

  7. 5

    フライパンを熱し、サラダ油をなじませます。ベーコンから炒め、少しカリッとなったら生しいたけを加え、炒めます。きんぴらごぼう(200g)を加えてさらに炒め、オイスターソースで調味します。

  8. 6

    (5)が冷めたら、春巻きの皮を広げ、手前に具をのせ、手前からしっかり巻きます。巻き終わりに水溶き片栗粉をつけてしっかりととめます。

  9. 7

    170℃くらいの揚げ油で返しながら5分間、カラリと色よく揚げます。

  10. 8

    器に盛り付け、パセリを飾ります。お好みでトマトケチャップ、練りからしを添えます。

ワンポイントアドバイス

きんぴらごぼうのアレンジレシピ。パリパリした春巻きの皮と、ごぼうのシャキシャキ感が絶妙のハーモニー!揚げたての熱々をお召し上がりください。酢しょうゆもなかなか合います。※きんぴらごぼうを作り置きしておくと便利です。ここで余ったきんぴらごぼうは「きんぴら混ぜご飯」などに応用できます。

ページの先頭へ戻る

このサイトの写真、イラスト、文章を著作者に無断で転載、使用することは法律で禁じられています。
会社法人、営利目的等でご利用を希望される場合は、必ずこちらからお問い合わせください。

料理レシピや写真・画像のご利用について