注目キーワード
白菜
大根
かぶ
長ねぎ
鍋物
フライパンひとつ
バレンタイン
鶏むね肉
長いも

秋鮭とズッキーニのピカタレシピ

260Kcal(1人分換算)

秋鮭とズッキーニのピカタ

  • 携帯に送る
  • 印刷する
管理栄養士コメント
鮭の脂はIPAやDHAが豊富で、血液中のLDLコレステロールや中性脂肪を減らす働きがあります。また、血流をよくして動脈硬化を予防するのに効果的とされています。IPAやDHAは酸化しやすいので、抗酸化作用のあるトマトと組み合わせています。

260Kcal

1人分換算
脂質 13g
糖質 9.6g
塩分(食塩相当量) 1.4g
コレステロール 155mg
ビタミンD 26.1μg
ビタミンB2 0.33mg

全ての栄養素を見る

燃焼レベル

スキー 46分

スキー

レシピの栄養価グラフ
  • たんぱく質
  • 食物繊維
  • カルシウム
  • 鉄
  • ビタミンA
  • ビタミンB1
  • ビタミンC

※数値については成人女性30~49歳の参考値にて算出
※1日3食、1食3~4品で均等割+αで算出

材料

2人分

  • 秋鮭2切れ(160g)
  • 少々
  • こしょう少々
  • 小麦粉適量
  • ズッキーニ70g
  • (A)
  • ・卵1個
  • ・粉チーズ大さじ1
  • ・塩少々
  • ・パセリ(みじん切り)適量
  • サラダ油大さじ1
  • ミニトマト2個
  • レモン1/3個

作り方

  1. 1

    鮭は皮を取り除き、1切れを2~3等分に切り、塩、こしょうをし、小麦粉をまぶします。

  2. 2

    ズッキーニは7~8mm厚の輪切りにします。(A)を混ぜ合わせておきます。

  3. 3

    フライパンにサラダ油を熱し、(A)を付けた鮭を入れ、弱めの火加減で4~5分焼いて火を通します。フライパンの空いているところに、(A)を付けたズッキーニを入れ、両面に焼き目が付くように焼きます。

  4. 4

    (3)を盛り付け、ミニトマトとレモンのくし形切りを添えます。

ワンポイントアドバイス

ピカタは卵の衣がついているので、冷めてもしっとりとしていてお弁当向きです。旬の秋鮭は弱火でじっくりと火を通すのがコツ。ふわっとやわらかい焼きあがりです。卵液を付けたズッキーニは、両面に焼き目が付くように焼きましょう。鮭の他には、鶏むね肉、ささ身で作ってもおいしく出来ます。

ページの先頭へ戻る

このサイトの写真、イラスト、文章を著作者に無断で転載、使用することは法律で禁じられています。
会社法人、営利目的等でご利用を希望される場合は、必ずこちらからお問い合わせください。

料理レシピや写真・画像のご利用について