注目キーワード
とうもろこし
なす
トマト
ピーマン
豚肉
しょうが
豆腐
オクラ
ひんやり麺
めんつゆ

さばの梅煮レシピ

293Kcal(1人分換算)

さばの梅煮

  • 携帯に送る
  • 印刷する
管理栄養士コメント
さばは、魚の脂で脳の血流をよくするDHA、EPAという脂肪酸が豊富です。魚の中でも青魚に多く含まれ、動脈硬化や高脂血症の予防や改善に役立つので、生活習慣病が気になる方にお勧めです。

293Kcal

1人分換算
脂質 13.6g
糖質 12.6g
塩分(食塩相当量) 3.1g
コレステロール 49mg
ビタミンD 4.1μg
ビタミンB2 0.32mg

全ての栄養素を見る

燃焼レベル

ラジオ体操 79分

ラジオ体操

レシピの栄養価グラフ
  • たんぱく質
  • 食物繊維
  • カルシウム
  • 鉄
  • ビタミンA
  • ビタミンB1
  • ビタミンC

※数値については成人女性30~49歳の参考値にて算出
※1日3食、1食3~4品で均等割+αで算出

材料

4人分

  • さば4切れ(320g)
  • 春菊1/2束
  • しょうが15g
  • 大さじ2
  • 小さじ1/2
  • 梅干し2個
  • (煮汁)
  • ・だし汁1カップ
  • ・酒1/2カップ
  • ・みりん大さじ2
  • ・砂糖大さじ2
  • ・しょうゆ大さじ3

作り方

  1. 1

    さばをバットに並べ、薄く塩をふり、酒をまぶして15分ほど置きます。さばをザルにのせ、熱湯をかけてくさみを取ります。キッチンペーパーでしっかり水気を取っておきます。

  2. 2

    春菊はサッとゆで、水に取って冷やし、しっかり水気を絞っておきます。しょうがは千切りにします。梅干しは種を取り除き、粗く刻んでおきます。

  3. 3

    煮汁を作ります。鍋に酒を入れて煮切り、残りの調味料を加えます。ひと煮立ちしたら、さばを入れます。

  4. ※必ず煮汁が沸騰しているところへ、皮を下にして入れて下さい。基本的に火はやや強火です。

  5. 4

    刻んだ梅干しの半量を入れ、落としぶたをして中火で10分煮ます。

  6. ※クッキングペーパーを丸く切り、真ん中に穴を開けた落としぶたをして煮て下さい。煮汁がまんべんなく魚にかかります。

  7. 5

    器にさばを盛り付け、ゆでた春菊を添えます。鍋に残った煮汁を少し煮詰めます。残りの梅干しを加えます。

  8. 6

    (5)の煮汁をたっぷりかけ、しょうがの千切りを飾ります。

ワンポイントアドバイス

煮物の定番料理です。新鮮なさばを短時間に煮上げます。背の青い魚は独特の臭いがありますので、熱湯をかけてから煮るのがポイントです。みそ煮にしても美味しいです。

ページの先頭へ戻る

このサイトの写真、イラスト、文章を著作者に無断で転載、使用することは法律で禁じられています。
会社法人、営利目的等でご利用を希望される場合は、必ずこちらからお問い合わせください。

料理レシピや写真・画像のご利用について