注目キーワード
りんご
しめじ
唐揚げ
照り焼き
ささ身
パーティ
さつまいも
むね肉

夏野菜の大豆炒めレシピ

164Kcal(1人分換算)

夏野菜の大豆炒め

  • 携帯に送る
  • 印刷する
管理栄養士コメント
セロリの独特な香りの成分には、精神を安定させる作用があります。セロリは生食が一般的ですが、炒め物にも向いています。また、野菜を炒めることで、ビタミン類の損失が少なくなります。

164Kcal

1人分換算
脂質 6.6g
糖質 12.9g
塩分(食塩相当量) 3.4g
コレステロール 0mg
ビタミンD 0μg
ビタミンB2 0.14mg

全ての栄養素を見る

燃焼レベル

山登り 29分

山登り

レシピの栄養価グラフ
  • たんぱく質
  • 食物繊維
  • カルシウム
  • 鉄
  • ビタミンA
  • ビタミンB1
  • ビタミンC

※数値については成人女性30~49歳の参考値にて算出
※1日3食、1食3~4品で均等割+αで算出

材料

2人分

  • 水煮大豆(缶詰)100g
  • パプリカ(赤)1/2個
  • パプリカ(黄)1/2個
  • セロリ小1本
  • 長ねぎの白い部分50g
  • しょうが(薄切り)2~3枚
  • サラダ油大さじ1/2~1
  • 水溶き片栗粉(片栗粉:水=1:2)小さじ1~2
  • (合わせ調味料)
  • ・鶏がらスープ大さじ4
  • ・砂糖小さじ1・1/2
  • ・しょうゆ大さじ2・1/3

作り方

  1. 1

    大豆は洗って水気を切っておきます。パプリカはヘタと種を取り、セロリは筋を取って、ともに小さめの乱切りにします。長ねぎは1cmのぶつ切りにします。

  2. 2

    フライパンにサラダ油、しょうがを入れて温め、香りが立ったら、長ねぎ、セロリ、パプリカの順に加えながら炒め、ザッと火が通ったら大豆を加えて炒め合わせます。

  3. 3

    合わせ調味料を入れて軽く炒めたら、水溶き片栗粉を加えて全体にからめます。汁気が少なくなり、味がなじんだらできあがりです。

ワンポイントアドバイス

中華料理のカシューナッツ炒めを大豆を使ってアレンジしました。ちょっとしたお酒の肴にもなり、短時間で作ることができるレシピです。できるだけ大豆を崩さないように炒めましょう。

ページの先頭へ戻る

このサイトの写真、イラスト、文章を著作者に無断で転載、使用することは法律で禁じられています。
会社法人、営利目的等でご利用を希望される場合は、必ずこちらからお問い合わせください。

料理レシピや写真・画像のご利用について