注目キーワード
疲労
豚肉
月見
えだ豆
朝食
パプリカ
やわらか食
鶏むね肉
美白

ゴーヤーとたくあん漬けの土佐風炒めレシピ

91Kcal(1人分換算)

ゴーヤーとたくあん漬けの土佐風炒め

  • 印刷する
管理栄養士コメント
好き嫌いが分かれるゴーヤーの独特の苦味成分モモルデジンは、胃液の分泌を促し、食欲増進効果が期待できます。たくあんの酸味も食欲を刺激し、にんにくの茎のスタミナアップ効果で、夏バテを吹き飛ばしましょう。

91Kcal

1人分換算
脂質 5g
糖質 4.3g
塩分(食塩相当量) 1.2g
コレステロール 5mg
ビタミンD 0.1μg
ビタミンB2 0.07mg

全ての栄養素を見る

燃焼レベル

キャッチボール 27分

キャッチボール

レシピの栄養価グラフ
  • たんぱく質
  • 食物繊維
  • カルシウム
  • 鉄
  • ビタミンA
  • ビタミンB1
  • ビタミンC

※数値については成人女性30~49歳の参考値にて算出
※1日3食、1食3~4品で均等割+αで算出

材料

4人分

  • ゴーヤー1本
  • たくあん漬け100g
  • にんにくの芽4本
  • サラダ油大さじ1/2
  • ラー油小さじ1
  • 削り節10g
  • しょうゆ大さじ1/2
  • 梅酒大さじ2
  • ごま(白)大さじ2
  • 少々
  • 黒こしょう適宜

作り方

  1. 1

    ゴーヤーは半割りにして、スプーンで白いわたの部分をしっかりくりぬきます。5mm幅に切ってサッと湯通しし、冷水に取ります。キッチンペーパーでしっかり水気を取ります。にんにくの芽も同様に湯通しして処理します。

  2. 2

    たくあん漬けは3cmの長さ、割り箸の太さに切り、サッと水洗いします。キッチンペーパーでしっかり水気を取ります。

  3. 3

    フライパンを熱し、サラダ油、ラー油をなじませます。(1)を炒めます。色が鮮やかになったら、(2)のたくあん漬けを加えてやや強火で炒めます。削り節を加えて炒めます。

  4. 4

    鍋肌からしょうゆを回し入れ、梅酒も加えます。塩、黒こしょうで味を調え、ごまを入れて仕上げます。

ワンポイントアドバイス

ご飯がすすむレシピです。ゴーヤーの苦味は『うま味』です。夏の食卓を彩るメニューのひとつとしてラインナップに加えてください。

ページの先頭へ戻る

このサイトの写真、イラスト、文章を著作者に無断で転載、使用することは法律で禁じられています。
会社法人、営利目的等でご利用を希望される場合は、必ずこちらからお問い合わせください。

料理レシピや写真・画像のご利用について

料理コンテンツの提案をご検討中の代理店、印刷会社の方へ「レシピレンタル」