注目キーワード
りんご
しめじ
唐揚げ
照り焼き
ささ身
パーティ
さつまいも
むね肉

小松菜と桜えびの和え物レシピ

23Kcal(1人分換算)

小松菜と桜えびの和え物

  • 携帯に送る
  • 印刷する
管理栄養士コメント
小松菜はカルシウム、鉄分、ビタミンA、Cが豊富です。ビタミンAやCは小松菜100gで1日の必要量をほとんどとることができるほど、栄養価の高い野菜です。アクが少ないので、下ゆでせずに煮たり、炒めたりすることもできます。

23Kcal

1人分換算
脂質 0.2g
糖質 1.2g
塩分(食塩相当量) 0.9g
コレステロール 7mg
ビタミンD 0μg
ビタミンB2 0.12mg

全ての栄養素を見る

燃焼レベル

散歩 8分

散歩

レシピの栄養価グラフ
  • たんぱく質
  • 食物繊維
  • カルシウム
  • 鉄
  • ビタミンA
  • ビタミンB1
  • ビタミンC

※数値については成人女性30~49歳の参考値にて算出
※1日3食、1食3~4品で均等割+αで算出

材料

2人分

  • 小松菜1/2束(200g)
  • 桜えび大さじ1
  • 大さじ1/2
  • しょうゆ小さじ2

作り方

  1. 1

    小松菜は熱湯でゆでて4cmの長さに切ります。桜えびは水(大さじ1・分量外)につけて戻します。戻し汁は取っておきます。

  2. 2

    小松菜と桜えびの水気を切り、戻し汁、酒、しょうゆで和えます。

ワンポイントアドバイス

桜えびは乾物なので、水に戻して使うと食べやすくなります。美味しいエキスがたっぷり含まれた戻し汁はだしとして使えます。桜えびは冷凍しておくと色がきれいなまま保存できます。

ページの先頭へ戻る

このサイトの写真、イラスト、文章を著作者に無断で転載、使用することは法律で禁じられています。
会社法人、営利目的等でご利用を希望される場合は、必ずこちらからお問い合わせください。

料理レシピや写真・画像のご利用について