注目キーワード
豆腐
もやし
ひじき
カレーライス
里いも
基本
れんこん
チョコレート

いかと大根と里いものうま煮レシピ

261Kcal(1人分換算)

いかと大根と里いものうま煮

  • 携帯に送る
  • 印刷する
管理栄養士コメント
いかには肝臓をいたわるタウリンが豊富。里いもは胃潰瘍や胃炎の回復にも取り入れられる消化器系にやさしい食材。大根にはジアスターゼという酵素が含まれており、食物の消化を助けるとともに腸の働きを整えてくれる効果があります。全てをやわらかく煮込んだ料理は胃腸にやさしく、夏バテの栄養摂取に特にお勧めです。食欲の無いときはよく冷やして食べても良いです。

261Kcal

1人分換算
脂質 1g
糖質 32g
塩分(食塩相当量) 5g
コレステロール 250mg
ビタミンD 0.3μg
ビタミンB2 0.22mg

全ての栄養素を見る

燃焼レベル

洗濯物の取りこみ 93分

洗濯物の取りこみ

レシピの栄養価グラフ
  • たんぱく質
  • 食物繊維
  • カルシウム
  • 鉄
  • ビタミンA
  • ビタミンB1
  • ビタミンC

※数値については成人女性30~49歳の参考値にて算出
※1日3食、1食3~4品で均等割+αで算出

材料

2人分

作り方

  1. 1

    いかの足を腹わたごと引き抜き、胴の裏側に付いている軟骨を引き抜きます。胴は輪切りに、足は2本ずつに切ります。

  2. 2

    大根は厚めに皮をむいて1cm厚のいちょう切りにし、たっぷりの水から20分以上ゆがいて火を通し、水で洗っておきます。水から先にゆがくことでやわらかくなり、大根のくさみも取れます。

  3. 3

    里いもは皮をむいて塩(分量外)でもみ洗いし、水から5分ゆがいておきます。塩で表面のぬめりが取れ、さらに火を通しておくことで味がしみ込みやすくなります。

  4. 4

    鍋に酒、しょうゆ、砂糖を入れて沸かしたら、いかを加え、強火でサッと炒り煮にし、色が変わったら取り出しておきます。長くても2分以内に取り出して下さい。それ以上では身がかたくなってしまいます。

  5. 5

    (4)の煮汁にだし汁とみりんを加え、大根を加えて10分以上煮含めます。大根が浸らない場合は水を加えて調整します。大根に煮汁の色がしみ込んできたら、里いもを入れてひと煮立ちさせます。

  6. 6

    火を止めてからいかを戻し入れて粗熱が取れるまでおいておき、味をしみ込ませます。冷やして食べるか、温めなおして食べて下さい。

ワンポイントアドバイス

いかは2分以上加熱するとかたくなってしまします。1時間以上に込むとやわらかくなってきますが、食感が変わります。新鮮なやわらかいいかを食べたければ2分以内で加熱を終わらせてください。

ページの先頭へ戻る

このサイトの写真、イラスト、文章を著作者に無断で転載、使用することは法律で禁じられています。
会社法人、営利目的等でご利用を希望される場合は、必ずこちらからお問い合わせください。

料理レシピや写真・画像のご利用について