注目キーワード
新じゃが
アスパラガス
サンドイッチ
いちご
お弁当
さやいんげん
鶏むね肉
新玉ねぎ
たけのこ

トマトの雑穀ライスサラダレシピ

197Kcal(1人分換算)

トマトの雑穀ライスサラダ

  • 携帯に送る
  • 印刷する
管理栄養士コメント
ビタミンA、Cが特に豊富なトマトや、ビタミン剤と言っていいほど良質なビタミン類が多く含まれている「あわ」や、名の通り、身体の冷えを取り、温める作用がある「ひえ」が豊富に含まれるレシピで、粘膜強化や美肌、老化防止、疲労回復、冷え予防などに効果的です。食欲ない時のバランスのとれた、洋風ちらしずしのように主食としても役立てて下さい。

197Kcal

1人分換算
脂質 8.4g
糖質 25.3g
塩分(食塩相当量) 0.9g
コレステロール 0mg
ビタミンD 0μg
ビタミンB2 0.06mg

全ての栄養素を見る

燃焼レベル

バドミントン 33分

バドミントン

レシピの栄養価グラフ
  • たんぱく質
  • 食物繊維
  • カルシウム
  • 鉄
  • ビタミンA
  • ビタミンB1
  • ビタミンC

※数値については成人女性30~49歳の参考値にて算出
※1日3食、1食3~4品で均等割+αで算出

材料

4人分

作り方

  1. 1

    洗った米と雑穀を一緒に炊飯器で1合のメモリに加水して炊きます。炊き上がりに、オリーブ油、ワインビネガー、塩を加えて混ぜ合わせ、広げて冷ましておきます。

  2. 2

    ミディトマトは8等分に、ズッキーニ、きゅうり、パプリカは1cm程度のサイコロ状に、オリーブは半分に切ります。

  3. 3

    (1)、(2)とイタリアンドレッシングと混ぜ合わせ、レタスを敷いた器に盛り付けます。※ドレッシングはお好みのもので代用できます。

  4. ※写真では京てまり(ミニトマトをやや大きくしたくらいの種のない小型トマト)を使っています。どんなトマトでも代用できますが、京てまりやフルーツトマトなど、濃厚で甘味の強いトマトのほうが相性良く楽しめます。

ワンポイントアドバイス

炊き上がりにすし飯の要領でオリーブ油とワインビネガー、塩を加えておくと米自体にも味がなじみ、ほぐれやすくもなります。

ページの先頭へ戻る

このサイトの写真、イラスト、文章を著作者に無断で転載、使用することは法律で禁じられています。
会社法人、営利目的等でご利用を希望される場合は、必ずこちらからお問い合わせください。

料理レシピや写真・画像のご利用について