注目キーワード
なす
ピーマン
こんにゃく
豚肉
しょうが
豆腐
鶏ひき肉
ひんやり麺
めんつゆ

かぶとかれいのしょうが蒸しレシピ

136Kcal(1人分換算)

かぶとかれいのしょうが蒸し

  • 携帯に送る
  • 印刷する
管理栄養士コメント
消化のよい食事といっても、身体を維持するにはたんぱく質もバランスよく食べなくてはいけません。しかし、かたかったり、油が多いと消化に時間がかかり負担になるため、やわらかい白身魚がおすすめです。かれいは脂の比較的多い魚ですが、かぶに含まれる消化酵素や消化促進作用のあるイソチオシアネートが消化を助け、しょうがの代謝促進作用でエネルギーを燃やして身体を温め、血行もよくしてくれます。冷え性の方の胃腸にやさしいレシピです。

136Kcal

1人分換算
脂質 1.4g
糖質 5.4g
塩分(食塩相当量) 0.8g
コレステロール 71mg
ビタミンD 13μg
ビタミンB2 0.42mg

全ての栄養素を見る

燃焼レベル

サイクリング 36分

サイクリング

レシピの栄養価グラフ
  • たんぱく質
  • 食物繊維
  • カルシウム
  • 鉄
  • ビタミンA
  • ビタミンB1
  • ビタミンC

※数値については成人女性30~49歳の参考値にて算出
※1日3食、1食3~4品で均等割+αで算出

材料

2人分

作り方

  1. 1

    かれいの切り身に塩(分量外)を少々ふり、10分ほど置いておきます。湯にサッとくぐらせてから水で洗い、出てきた臭みを取り除いておきます。

  2. 2

    にんじんは千切り、長ねぎは斜め薄切りにし、それぞれ5cm程度にそろえておきます。

  3. 3

    かぶの皮を厚くむき、6等分にくし形切りにします。かぶの葉は5cm程度に切っておきます。

  4. 4

    クッキングシートに(1)、(2)、(3)を並べて、酒、ぽん酢しょうゆを混ぜたものをかけ、千切りにしたしょうがを上にのせて、クッキングシートで包みます。

  5. 5

    中火の蒸し器で15分蒸し、くし形に切ったすだちを添えてできあがりです。

ワンポイントアドバイス

ぽん酢しょうゆを加えてから蒸すと臭みが取れ、味もしみ込んで美味しくおすすめですが、葉物の色合いが悪くなります。見た目を楽しむならぽん酢しょうゆだけ蒸しあがりにかけるか、蒸しあがりにゆでた葉物野菜を添えるとよいでしょう。蒸し器ではなく、フライパンに水を張り、深めのお皿を置いてその上で蒸すこともできます。ふたをして中火で加熱時間も同じです。蒸し汁も美味しく、栄養価も高いので、お汁ごと食べてほしいレシピです。野菜を千切りにしておくことで調味料がからみやすくなります。

ページの先頭へ戻る

このサイトの写真、イラスト、文章を著作者に無断で転載、使用することは法律で禁じられています。
会社法人、営利目的等でご利用を希望される場合は、必ずこちらからお問い合わせください。

料理レシピや写真・画像のご利用について