注目キーワード
りんご
いも
しめじ
かぼちゃ
ハロウィン
やわらか食
美肌
介護食

シャキシャキ水菜の親子丼レシピ

572Kcal(1人分換算)

シャキシャキ水菜の親子丼

  • 印刷する
管理栄養士コメント
卵や鶏肉には鉄分のほか、吸収を手助けするたんぱく質も豊富なため、ひとつの食材でバランスが良いのが特徴です。水菜にも鉄分が含まれ、植物性食品に含まれる鉄分は体に吸収されにくいものの、豊富なビタミンCによって体内への吸収率がアップします。また、お肌のくすみ対策に効果的な葉酸も豊富なので、美肌効果の高い組み合わせの料理です。

572Kcal

1人分換算
脂質 13.4g
糖質 83.4g
塩分(食塩相当量) 2.3g
コレステロール 246mg
ビタミンD 0.9μg
ビタミンB2 0.42mg

全ての栄養素を見る

燃焼レベル

釣り 125分

釣り

レシピの栄養価グラフ
  • たんぱく質
  • 食物繊維
  • カルシウム
  • 鉄
  • ビタミンA
  • ビタミンB1
  • ビタミンC

※数値については成人女性30~49歳の参考値にて算出
※1日3食、1食3~4品で均等割+αで算出

材料

2人分

  • 水菜1/2袋
  • 鶏もも肉80g
  • 2個
  • ご飯400g
  • だし汁(かつお・昆布)3/4カップ
  • しょうゆ大さじ1・1/2
  • みりん大さじ1・1/2
  • 砂糖小さじ1

作り方

  1. 1

    鶏もも肉をひと口サイズに切ります。

  2. 2

    水菜の根元を切り落とし、よく洗って水気を切ります。3cm程度のざく切りにします。

  3. 3

    鍋にだし汁、しょうゆ、みりん、砂糖を入れて沸かし、鶏肉を加えます。鶏肉を返しながら2分ほど中火で煮ます。

  4. 4

    水菜を加え、時々混ぜながら2分ほど中火で煮ます。

  5. 5

    卵を軽く溶いて全体に流し入れ、10秒さわらず待ってから、お箸で全体をゆっくり軽く混ぜます。ふたをして火を止め、1分ほど蒸らします。

  6. 6

    ご飯の上に具を盛り付けて、煮汁を好みの分量かけます。

ワンポイントアドバイス

水菜は煮てもシャキシャキ食感があり、美味しいのですが、もっと食感が欲しい方は、ご飯の上に生の水菜を一つまみのせてから親子丼の具をかけるとよいです。親子丼は、1人前ずつ作ると卵の火の通り具合がとてもきれいに仕上がります。ですが、手間のかかることなので、まとめて作っても、美味しくするコツを押さえましょう。卵は加えてからすぐに混ぜると、だしと溶け合って濁るだけになってしまうので、加えてから10秒は加熱しながら触らず待ちましょう。その後ゆっくりと円を描くように少しだけ混ぜ、それから火を止めて蒸らすと半熟でも火が通っている美味しい親子丼に出来上がります。

ページの先頭へ戻る

このサイトの写真、イラスト、文章を著作者に無断で転載、使用することは法律で禁じられています。
会社法人、営利目的等でご利用を希望される場合は、必ずこちらからお問い合わせください。

料理レシピや写真・画像のご利用について

料理コンテンツの提案をご検討中の代理店、印刷会社の方へ「レシピレンタル」