注目キーワード
りんご
いも
しめじ
かぼちゃ
ハロウィン
やわらか食
美肌
介護食

焼きさばのパプリカラビゴットソースレシピ

381Kcal(1人分換算)

焼きさばのパプリカラビゴットソース

  • 印刷する
管理栄養士コメント
抗酸化作用の高いビタミンA、C、Eを豊富に含んだパプリカに、老化防止の効果が期待できるDHAが豊富なさばを組み合わせることで、活性酸素から細胞の酸化を防いで美肌を目指すお料理です。酸化を防ぐことで、肌荒れやシワといった肌の老化を防ぎ、若々しい美肌を保たせるなどのアンチエイジング効果が期待できます。

381Kcal

1人分換算
脂質 26.3g
糖質 6.5g
塩分(食塩相当量) 2.8g
コレステロール 73mg
ビタミンD 6.1μg
ビタミンB2 0.42mg

全ての栄養素を見る

燃焼レベル

エアロビクス 91分

エアロビクス

レシピの栄養価グラフ
  • たんぱく質
  • 食物繊維
  • カルシウム
  • 鉄
  • ビタミンA
  • ビタミンB1
  • ビタミンC

※数値については成人女性30~49歳の参考値にて算出
※1日3食、1食3~4品で均等割+αで算出

材料

2人分

  • さば2切れ(1切れ120g)
  • (下味)
  • ・塩少々
  • パプリカ(赤)1/2個
  • パプリカ(黄)1/2個
  • パセリ少々
  • 1/2カップ
  • オリーブ油大さじ1
  • 大さじ1
  • レモン汁大さじ1
  • 小さじ1/2
  • こしょう少々
  • (水溶き片栗粉)
  • ・片栗粉大さじ1/2
  • ・水大さじ1

作り方

  1. 1

    さばに塩をふって10分程度おいておき、水分を拭き取ります。

  2. 2

    パプリカの軸を根元ごと種とワタも取り除き、2mm角に切り、水(1/2カップ)とともに鍋に入れて、ひと煮立ちさせます。

  3. 3

    パセリ、オリーブ油、酢、レモン汁、塩、こしょうを加えてさらにひと煮立ちさせ、水溶き片栗粉でとろみをつけます。

  4. 4

    グリルでさばを焼き、(3)をかけてできあがりです。

ワンポイントアドバイス

ラビゴットソースは本来加熱しない酸味のあるサラダドレッシングのようなものですが、火を通すことで酸味が和らいで食感もやわらかく、食べやすくなります。焼いたさばとも相性がよく、とろみがついて絡まりやすいのでのど越しがよく仕上がります。パプリカを水でひと煮立ちさせるときに10分ほど煮るとさらにやわらかくなるので、飲み込みがしにくい高齢者用には長めに炊くとよいでしょう。※日本介護食品協議会の「かたさ」や「粘度」による区分:歯ぐきでつぶせる

ページの先頭へ戻る

このサイトの写真、イラスト、文章を著作者に無断で転載、使用することは法律で禁じられています。
会社法人、営利目的等でご利用を希望される場合は、必ずこちらからお問い合わせください。

料理レシピや写真・画像のご利用について

料理コンテンツの提案をご検討中の代理店、印刷会社の方へ「レシピレンタル」