注目キーワード
りんご
しめじ
大根
鶏もも肉
白菜
ささ身
パーティ
さつまいも
むね肉

キムパプ(のりまき)とチヂミレシピ

251Kcal(1人分換算)

キムパプ(のりまき)とチヂミ

  • 携帯に送る
  • 印刷する
管理栄養士コメント
チヂミに使うごま油は香ばしい味わいだけではなく、ゴマリグナンという成分が体内で優れた抗酸化作用を発揮して、肝機能の向上やコレステロールの上昇を抑え、美肌や代謝の活性を促します。

251Kcal

1人分換算
脂質 4.3g
糖質 38.4g
塩分(食塩相当量) 2.5g
コレステロール 73mg
ビタミンD 0.4μg
ビタミンB2 0.2mg

全ての栄養素を見る

燃焼レベル

階段の上り下り 52分

階段の上り下り

レシピの栄養価グラフ
  • たんぱく質
  • 食物繊維
  • カルシウム
  • 鉄
  • ビタミンA
  • ビタミンB1
  • ビタミンC

※数値については成人女性30~49歳の参考値にて算出
※1日3食、1食3~4品で均等割+αで算出

材料

4人分(キムパプ2本分・チヂミ2枚分)

  • (キムパプの材料)
  • ・ご飯米2/3合(100g分)
  • ・きゅうり2/3本
  • ・かにかまぼこ3本
  • ・たくあん漬け40g
  • ・溶き卵1/2個分
  • ・塩適量
  • ・サラダ油適量
  • ・すしのり全形2枚
  • ・ごま油適量
  • (A)
  • ・いりごま小さじ2
  • ・塩(ご飯用)小さじ1/3
  • (B)
  • ・ごま油小さじ1/3
  • ・塩少々
  • (チヂミの材料)
  • ・万能ねぎ200g
  • ・桜えび大さじ3
  • ・小麦粉80g
  • ・溶き卵1/2個分
  • ・水約140ml
  • ・塩少々
  • ・ごま油適量
  • ・糸唐辛子少々
  • (チヂミのつけだれ)
  • ・しょうゆ大さじ1
  • ・酢大さじ1/2
  • ・レモン汁大さじ1/2

作り方

  1. (キムパプを作ります)

  2. 1

    ご飯に(A)を合わせます。

  3. 2

    きゅうりは縦半分にして斜め薄切りにし、(B)を加えてもみます。

  4. 3

    かにかまぼこは8mm角の棒状、たくあん漬けは細切りにします。

  5. 4

    卵は割りほぐして塩を加え、フライパンにサラダ油をひいて薄焼き卵を作ります。焼き上がった薄焼き卵は半分の幅に切ります。

  6. 5

    のりの裏面にごま油を塗り、中表に合わせて直火で炙ります。※のりはツヤのある方が表、ザラッとした方が裏側です。巻いた時にのりがはがれないように、巻き終わりになる端を1cm程度残して裏側にごま油を塗ります。中表に合わせ、使う直前に炙ります。

  7. 6

    巻きすにのりを裏を上にして広げ、手前半分に(1)を広げ、(4)、(2)、(3)をのせて巻きます。これを2本作ります。

  8. 7

    表面にごま油を塗ります。塩をふり、1本を6個に切って器に盛ります。

  9. (チヂミを作ります)

  10. 8

    万能ねぎは7cmの長さに切ります。

  11. 9

    小麦粉に溶きほぐした卵、水、塩を加えて手で混ぜます。

  12. 10

    フライパンにごま油をひき、(8)を並べて桜えびを散らします。火をつけて(9)を回しかけ、フタをして両面を焼きます。これを2枚焼きます。ねぎの代わりににらや菊菜でも美味しくできます。

  13. 11

    (10)を食べやすい大きさに切って器に盛ります。糸唐辛子をのせ、合わせたつけだれを添えます。

ワンポイントアドバイス

キムはのり、パプはご飯の意味。日本の「のり巻き」がルーツです。韓国に渡ってゴマ油が入り、酢が使われないことが一般的です。生魚が使われないのも特徴です。のりは、小さいサイズの韓国のりを使って、一口サイズのキムパプにしてもよいでしょう。コンロに温度キープ機能があれば、(4)の工程で160℃にすれば便利です。

大阪ガスクッキングスクール

ページの先頭へ戻る

このサイトの写真、イラスト、文章を著作者に無断で転載、使用することは法律で禁じられています。
会社法人、営利目的等でご利用を希望される場合は、必ずこちらからお問い合わせください。

料理レシピや写真・画像のご利用について