注目キーワード
なす
こんにゃく
弁当
から揚げ
照り焼き
ささ身
ツナ缶
かにかま
ベーコン

夏野菜の鶏そぼろみそがけレシピ

214Kcal(1人分換算)

夏野菜の鶏そぼろみそがけ

  • 携帯に送る
  • 印刷する
管理栄養士コメント
なすは身体を冷やす作用があり、紫色の成分であるナスニンとポリフェノールはコレステロール値を下げる効果があります。鶏肉の良質なたんぱく質と組み合わせれば、栄養バランスもよくなります。

214Kcal

1人分換算
脂質 10.2g
糖質 16.6g
塩分(食塩相当量) 2.5g
コレステロール 13mg
ビタミンD 0μg
ビタミンB2 0.09mg

全ての栄養素を見る

燃焼レベル

バスケットボール 34分

バスケットボール

レシピの栄養価グラフ
  • たんぱく質
  • 食物繊維
  • カルシウム
  • 鉄
  • ビタミンA
  • ビタミンB1
  • ビタミンC

※数値については成人女性30~49歳の参考値にて算出
※1日3食、1食3~4品で均等割+αで算出

材料

2人分

  • なす大1本
  • 揚げ油適量
  • 丁字麩2個
  • オクラ2本
  • 適量
  • (A)
  • ・だし汁200ml
  • ・薄口しょうゆ20ml
  • ・みりん20ml
  • 鶏ひき肉30g
  • (B)
  • ・八丁みそ25g
  • ・砂糖大さじ1
  • ・みりん大さじ1・1/2
  • ・酒大さじ1・1/2
  • みょうが適量

作り方

  1. 1

    なすは所々皮をむいて4等分に切り、揚げ油で揚げます(170℃)。氷水に落として急冷します。

  2. 2

    丁字麩は水で戻してから水気を絞ります。

  3. 3

    オクラはガクを取って塩でもみ、塩がついたまま熱湯でゆでた後、冷水に取ります。

  4. 4

    鍋に(A)を入れて温め、(1)、(2)を加えて煮ます(約5分)。火を止め、オクラを加えます。

  5. 5

    鍋に水(分量外)を入れて鶏ひき肉を加えてほぐし、火にかけて泡立て器で混ぜながら火を通します。ザルにキッチンペーパーを敷いて鶏ひき肉をこし、フライパンでさらに水分をとばします。

  6. 6

    (5)に合わせた(B)を加えて混ぜます。

  7. 7

    みょうがは薄い輪切りにし、水にさらします。

  8. 8

    器に(4)を盛り、(6)をかけて(7)のみょうがを天盛りにします。

ワンポイントアドバイス

(1)の工程の時温度キープ機能を使うと便利です。(4)の工程の時、コンロ調理タイマーを使うと便利です。丁字麩とは、近江八幡開町の祖「豊臣秀次」(豊臣秀吉の甥)が形の丸い麩は持ち運びに不便なため、町並みのような角形にしたと言われ、麩の表裏には城下の民を忘れぬために小径を表す印として線が入っています。煮物に使っても煮くずれをしません。もちもちとした食感となめらかな舌触りが特徴です。水で戻す時も2~3分でやわらかくなるので便利です。

大阪ガスクッキングスクール

ページの先頭へ戻る

このサイトの写真、イラスト、文章を著作者に無断で転載、使用することは法律で禁じられています。
会社法人、営利目的等でご利用を希望される場合は、必ずこちらからお問い合わせください。

料理レシピや写真・画像のご利用について