注目キーワード
クリスマス
さつまいも
介護食
白菜
やわらか食
おつまみ
鍋物
春菊

かぼちゃのニョッキジェノベーゼレシピ

492Kcal(1人分換算)

かぼちゃのニョッキジェノベーゼ

  • 印刷する
管理栄養士コメント
ビタミンA、C、Eが豊富なかぼちゃで作るニョッキです。かぼちゃを生地に混ぜ込むことで、ビタミン類をたくさんとることができます。野菜がとりにくい人にお勧めの一皿です。

492Kcal

1人分換算
脂質 30.1g
糖質 40g
塩分(食塩相当量) 2.2g
コレステロール 56mg
ビタミンD 0.2μg
ビタミンB2 0.2mg

全ての栄養素を見る

燃焼レベル

掃きそうじ 177分

掃きそうじ

レシピの栄養価グラフ
  • たんぱく質
  • 食物繊維
  • カルシウム
  • 鉄
  • ビタミンA
  • ビタミンB1
  • ビタミンC

※数値については成人女性30~49歳の参考値にて算出
※1日3食、1食3~4品で均等割+αで算出

材料

2人分

  • かぼちゃ200g(正味)※皮付き種無しの状態で250g
  • 1/2個
  • パルメザンチーズ大さじ1/2
  • 小さじ1/6
  • 薄力粉60g
  • バジルの葉適宜
  • (ジェノベーゼソース)70g(作りやすい分量140g)
  • ・バジルの葉20g
  • ・松の実25g
  • ・にんにく大1片(6g)
  • ・パルメザンチーズ10g
  • ・EVオリーブ油100ml
  • ・塩小さじ1/2
  • ・黒こしょう(あらびき)少々

作り方

  1. 1

    ニョッキを作ります。かぼちゃは2~3cm角に切り、蒸します。皮を除き、木ベラで潰します。※電子レンジを使ってもいいでしょう。

  2. 2

    (1)に卵、塩、パルメザンチーズを混ぜ、薄力粉をふるいながら加え、サックリ混ぜます。棒状にのばし、3cmの長さに切り、フォークで軽く潰します。

  3. 3

    ジェノベーゼソースの材料を全てミキサーにかけます。できあがりのうち70gを使います。

  4. 4

    たっぷりの湯を沸かし、塩(分量外)少々を加えてニョッキを入れ、浮き上がってから約1分ゆでます。

  5. 5

    ニョッキをジェノベーゼソースで和え、皿に盛り付け、バジルの葉を飾ります。

ワンポイントアドバイス

かぼちゃの甘味とバジルの香りが食欲をそそる一品。ニョッキの生地は、長く混ぜると余計にべたついて扱いにくくなるので、粉っぽさがなくなったら、まとめて棒状にします。ジェノベーゼソースはこれ以上少ない量では、ミキサーがうまく回らない可能性があります。残った分は冷蔵保存できるので、まとめて作ると良いでしょう。

ページの先頭へ戻る

このサイトの写真、イラスト、文章を著作者に無断で転載、使用することは法律で禁じられています。
会社法人、営利目的等でご利用を希望される場合は、必ずこちらからお問い合わせください。

料理レシピや写真・画像のご利用について

料理コンテンツの提案をご検討中の代理店、印刷会社の方へ「レシピレンタル」