注目キーワード
りんご
いも
しめじ
かぼちゃ
ハロウィン
やわらか食
美肌
介護食

金時豆の具だくさんスープレシピ

227Kcal(1人分換算)

金時豆の具だくさんスープ

  • 印刷する
管理栄養士コメント
れんこんは、野菜にはあまり含まれないビタミンB12が含まれていて、貧血を防ぐことができます。そして、にんじん・ごぼう・金時豆と共に食物繊維が豊富ですので、お腹にもやさしいです。

227Kcal

1人分換算
脂質 3.4g
糖質 29.3g
塩分(食塩相当量) 4.2g
コレステロール 1mg
ビタミンD 0μg
ビタミンB2 0.1mg

全ての栄養素を見る

燃焼レベル

ダンベル運動 22分

ダンベル運動

レシピの栄養価グラフ
  • たんぱく質
  • 食物繊維
  • カルシウム
  • 鉄
  • ビタミンA
  • ビタミンB1
  • ビタミンC

※数値については成人女性30~49歳の参考値にて算出
※1日3食、1食3~4品で均等割+αで算出

材料

2人分

  • 金時豆(缶詰または水煮)100g
  • にんじん50g
  • ごぼう50g
  • れんこん50g
  • 玉ねぎ150g
  • オリーブ油小さじ1
  • だし汁(昆布)3カップ
  • 塩(蒸し煮用)ひとつまみ
  • 白みそ50g
  • 小さじ1/2
  • パセリ(みじん切り)小さじ1/2

作り方

  1. 1

    玉ねぎは薄切り、にんじん、ごぼう、れんこんは小さめの乱切りにします。

  2. 2

    鍋にオリーブ油を熱し、玉ねぎをゆっくりと色付くまで炒めます。甘い香りになったら、(1)のにんじん、ごぼう、れんこんを入れ、だし汁(1カップ)を注ぎ、上からひとつまみの塩をしてふたをし、蒸し煮にします。

  3. 3

    (2)の野菜に火が通ったら、残りのだし汁(2カップ)と金時豆を加えて煮ます。

  4. 4

    白みそ、塩で味を調え、器に盛り、上にみじん切りのパセリをのせます。

  5. ※市販の昆布だしでなく、手作りをする場合。水出しの場合は、水(600ml)に対し、昆布(6cmほど)を加えてひと晩置きます。煮出しの場合は、水(600ml)に対し、昆布(6cmほど)を加えて、中火にかけて沸騰したら弱火にし、約5分煮ます。

ワンポイントアドバイス

白みそ(西京みそ)仕立てのやさしい味が金時豆や根菜とよく合います!野菜は少ないだし汁で蒸し煮にし、素材のうま味を最大限に引き出してから残りのだし汁を加えて仕上げましょう。火加減や鍋の大きさによって、水分の飛び方が違うので、白みそ(西京みそ)と塩の量はお好みで調節してください。金時豆の缶詰は、レッドキドニービーンズという名前で売られていることもあります。

ページの先頭へ戻る

このサイトの写真、イラスト、文章を著作者に無断で転載、使用することは法律で禁じられています。
会社法人、営利目的等でご利用を希望される場合は、必ずこちらからお問い合わせください。

料理レシピや写真・画像のご利用について

料理コンテンツの提案をご検討中の代理店、印刷会社の方へ「レシピレンタル」