注目キーワード
なす
ピーマン
こんにゃく
豚肉
しょうが
豆腐
鶏ひき肉
ひんやり麺
めんつゆ

鶏の南蛮漬けレシピ

263Kcal(1人分換算)

鶏の南蛮漬け

  • 携帯に送る
  • 印刷する
管理栄養士コメント
鶏肉に多く含まれるビタミンAは脂溶性ビタミンなので、揚げて油と一緒にとることで、吸収が高まります。しし唐辛子は、トマトの4倍のビタミンCとビタミンCの吸収を助けるビタミンPが豊富に含まれていて、疲労回復を助けてくれます。お酢にも疲労回復の効果があるとされています。

263Kcal

1人分換算
脂質 11.5g
糖質 15.2g
塩分(食塩相当量) 1.2g
コレステロール 88mg
ビタミンD 0.2μg
ビタミンB2 0.23mg

全ての栄養素を見る

燃焼レベル

急ぎ足 71分

急ぎ足

レシピの栄養価グラフ
  • たんぱく質
  • 食物繊維
  • カルシウム
  • 鉄
  • ビタミンA
  • ビタミンB1
  • ビタミンC

※数値については成人女性30~49歳の参考値にて算出
※1日3食、1食3~4品で均等割+αで算出

材料

2人分

  • (基本のチキンの唐揚げ)10個※作りやすい分量(600g)
  • ・鶏もも肉大2枚(600g)
  • ・揚げ油適量
  • (A)
  • ・しょうゆ大さじ2
  • ・酒大さじ2
  • ・しょうが(おろし)大さじ1
  • ・こしょう少々
  • ・ごま油小さじ2
  • (B)
  • ・片栗粉大さじ4
  • ・小麦粉大さじ2
  • 玉ねぎ1/2個(100g)
  • パプリカ(赤)1/4個(30g)
  • しし唐辛子4本
  • 揚げ油(野菜用)適量
  • (南蛮酢)
  • ・だし汁大さじ4
  • ・酢大さじ1・1/3
  • ・しょうが汁大さじ1・1/3
  • ・砂糖大さじ1/2
  • ・赤唐辛子(輪切り)小さじ1/3

作り方

  1. ※(基本のチキン唐揚げの作り方)鶏肉は身の厚い部分を開き、包丁で軽く切り込みを入れてから、10等分(ひとつ約20g)に切ります。鶏肉に(A)のごま油以外の調味料を汁気が無くなるまでよくもみ込み、ごま油を混ぜ、20~30分置きます。(B)を混ぜ合わせ、下味のつけた鶏肉をひとつずつまぶし、余分な粉をはたきます。揚げ油を160℃に熱し、鶏肉をひと切れずつ入れ、時々返しながら、中火で4~5分かけて揚げます。最後、強火にし、30秒ほど揚げて取り出します。

  2. ※前もって(調理時間外)作っておき、できあがりのうち、10個をここで使用します。

  3. 1

    玉ねぎは縦2等分に切ってから、繊維に直角に1cm幅に切ります。パプリカは乱切りにし、しし唐辛子は竹串で1~2ヶ所刺し、空気穴を開けます。

  4. 2

    玉ねぎ、パプリカ、しし唐辛子は、それぞれサッと油で揚げ、ペーパータオルにとり、油をよく切ります。

  5. 3

    小鍋に南蛮酢の材料を合わせて沸騰させます。

  6. 4

    保存容器に(2)、唐揚げを入れ、(3)を熱いうちにかけ、混ぜます。室温に冷めたら冷蔵庫で保存します。

ワンポイントアドバイス

唐揚げのアレンジレシピ。※唐揚げをまとめて作っておくとお弁当などに便利です。ここで余ったチキンから揚げは「唐揚げ丼」「鶏唐揚げのチリソース」などに応用を。晩ご飯に唐揚げを作る時は、翌日のお弁当の南蛮漬けをいっしょに作っておくと、翌朝は詰めるだけになります。揚げた野菜は油をよく切っておくと、油っぽくなりません。お弁当に入れる時の付け合わせには、キャベツときゅうりの即席漬けが良いでしょう。

ページの先頭へ戻る

このサイトの写真、イラスト、文章を著作者に無断で転載、使用することは法律で禁じられています。
会社法人、営利目的等でご利用を希望される場合は、必ずこちらからお問い合わせください。

料理レシピや写真・画像のご利用について